> > >

『相棒10』第11話「名探偵再登場」あらすじ&ネタバレ チャンドラー探偵社社長・マーロウ矢木!

相棒10第11話「名探偵再登場」のあらすじ、ネタバレ、見逃し放送データをまとめ。ゲスト出演は高橋克実,松岡由美,矢柴俊博,陽月華,真実一路,松熊信義,鈴木省吾 他。出演は及川光博,水谷豊,六角精児,川原和久,大谷亮介,山中崇史,片桐竜次,小野了 ほか。

作品の評価:

「相棒10」の第11話「名探偵再登場」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

『相棒10』第11話「名探偵再登場」あらすじ&ネタバレ チャンドラー探偵社社長・マーロウ矢木!

第11話「名探偵再登場」

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2012年1月11日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 16.3%
2017年6月19日(月) 15:55~16:50 テレビ朝日・再放送

あらすじ(概要)

探偵社メトロポリタンリサーチを経営している樋本晃一(鈴木省吾)の遺体が発見された。

樋本の元妻でかなりの美人の栗山佳美(陽月華)に容疑がかかる。 しかし、彼女のアリバイ証言したのが、あの私立探偵(チャンドラー探偵社社長)の矢木明(高橋克実)だった。

矢木は自らをマーロウ矢木と名乗る探偵で、かつて美大生◎害事件(相棒5第10話)で杉下右京(水谷豊)らの捜査に割り込んできた男だ。ハードボイルドに憧れ、どこかお調子者である。そんなマーロウ矢木と今回タッグを組むハメになってしまったのが、特命係・神戸尊(及川光博)だった。

マーロウ矢木が証言した佳美のアリバイというのが、佳美は犯行時刻に矢木とラブホテルにいたというものだった。そのこと自体が嘘くさいが、矢木は、なにごともなくホテルにいただけだと言い張る。

しぶしぶながら尊はマーロウ矢木と樋本のオフィスへ行く。そこでも違法スレスレの捜査をして、矢木は樋本のデスクの資料を覗き見ることに成功する。その結果、樋本が資産家の福栄義英(松熊信義)から依頼を受けていたことがわかった。

「ハードボイルドに資産家と美女はつきもの」などといいながら勝手に盛り上がるマーロウ矢木を、尊は後目に頭を抱える。

大まかな見どころ

・樋本を◎害したのはいったい誰なのか?
・資産家・福栄義英は被害者の樋本になにを調べるよう依頼していたのか?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
矢木明 チャンドラー探偵社社長 高橋克実
福栄晴子 義英の義娘 松岡由美
稲尾真木彦 バーテンダー 矢柴俊博
栗山佳美 樋本の元妻、稲尾の内縁の妻 陽月華
倉橋悦史 福栄家の使用人 真実一路
福栄義英 福栄財閥の当主 松熊信義
樋本晃一 メトロポリタンリサーチの代表 鈴木省吾

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
杉下右京 UKYO SUGISHITA
警視庁・特命係
水谷豊
神戸尊 TAKERU KANBE
警視庁・特命係、警部補
及川光博
(ミッチー)
米沢守 MAMORU YONEZAWA
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
六角精児
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
川原和久
三浦伸輔 SHINSUKE MIURA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の先輩
大谷亮介
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
山中崇史
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
山西惇
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
神保悟志
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
片桐竜次
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正、内村刑事部長の腰巾着的存在。
小野了

スタッフ

脚本 戸田山雅司
監督 近藤俊明



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク