> > >

『法医学教室の事件ファイル35』あらすじ&ネタバレ とよた真帆, 忍成修吾ゲスト出演

ドラマ『法医学教室の事件ファイル35』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2012年12月1日放送。ゲスト出演は,とよた真帆,忍成修吾,中村圭佑,鈴木翔吾,黄川田将也,相島一之,石井智也,杉本有美,小橋めぐみ,北山雅康,山崎大輔,永冶美優紀,浦谷優羽奈,笑京,藤田清二,南響,中丸新将,岩城滉一 他。キャストは名取裕子,宅麻伸,由紀さおり,佐野和真,五十嵐めぐみ,本村健太郎 他。

作品の評価:

名取裕子さん出演ドラマ『法医学教室の事件ファイル35』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『法医学教室の事件ファイル35』あらすじ&ネタバレ とよた真帆, 忍成修吾ゲスト出演

法医学教室の事件ファイル35(2012年12月 土曜ワイド劇場)

テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2012年12月1日に放送されました。2017年8月19日にテレ朝で再放送されます。

「法医学教室の事件ファイル」について

1994年から土曜ワイド劇場で放送している刑事ドラマ。

法医学を駆使して事件捜査に当たる法医学者・二宮早紀名取裕子と、その夫であり刑事の二宮一馬宅麻伸の活躍を描く。

二宮早紀(名取裕子)は港南医大・法医学教室の准教授、神奈川県警から監察医を委託されている。夫の二宮一馬(宅麻伸)は神奈川県警横浜東警察署刑事課・警部で、2人の間には息子・二宮愛介佐野和真がいる。

また、一馬には、叔母・望月七海由紀さおりがいて、時々二宮家内を引っ掻き回す。早紀にとっては厄介な存在である。

プレシーズンは、1992年と1993年に木曜ドラマ枠の2時間ドラマで放送された2作品がある。

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
二宮早紀
港南医科大学 法医学教室・准教授、神奈川県警から監察医を委託
名取裕子
二宮一馬
早紀の夫、神奈川県警横浜東警察署刑事課・警部
宅麻伸
二宮愛介 早紀と一馬の息子 佐野和真
望月七海 一馬の叔母、早紀にとっては厄介な存在 由紀さおり
村中葉子 横浜地方検察庁の検事 五十嵐めぐみ
永岡洋一郎 港南医科大学 法医学教室・助手 本村健太郎
桑田良介 港南医科大学 法医学教室・助手 石橋篤史
有田光志 神奈川県警横浜東警察署刑事課の刑事、一馬の部下 信実一徳
大石貴一 神奈川県警横浜東警察署刑事課の巡査、一馬の部下 浜博文
小池勇樹 神奈川県警横浜東警察署刑事課の刑事、一馬の部下 川口勝也

『法医学教室の事件ファイル35』について

作品データ

タイトル 法医学教室の事件ファイル35
シリーズ 35
サブタイトル 35周年特別企画
長崎〜横浜 亀が見ていた殺人事件!? 曲がった人差し指と金属アレルギーの謎
放送時間 (141分)
出演 名取裕子,宅麻伸,由紀さおり,とよた真帆,忍成修吾,黄川田将也,岩城滉一,佐野和真,杉本有美,相島一之,五十嵐めぐみ,,本村健太郎 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2012年12月1日(土) 21:00~23:21 テレビ朝日・土曜ワイド劇場 1553%
2017年8月19日(土) 12:00~14:30 テレビ朝日・再放送

あらすじ

銀婚式の記念旅行で長崎を訪れていた二宮早紀(名取裕子)一馬(宅麻伸)は、ハウステンボスで女性を連れた息子・愛介(佐野和真)にバッタリ遭遇する。

愛介は就職が内定した出版社が倒産してしまい、北海道に傷心旅行に出たはずだったのだが、なぜここにいるのだ!?

愛介から、彼女は獣医学科に通う学生・浜崎理恵(杉本有美)だと紹介されたものの、早紀は自分にウソをついた息子のことが面白くない。

だがその直後、早紀たちはハウステンボス近くの公園で倒れている男を発見する。男は写真週刊誌の記者・松田紘一(北山雅康)で、すでに死亡していた。早紀は、死体の両手指がまるで誰かを指差しているかのように奇妙な形をしているのが気になった。

愛介と理恵は、逃げていく不審な男を目撃しており、所轄署の似顔絵作成に協力することになる。もうひとり、撮影旅行に来ていたカメラマン助手の生島里美(小橋めぐみ)も走り去る男を目撃したと証言する。里美は1匹のカメを連れており、カメと日本の風景をコラージュした作品を撮っているという。

翌日、横浜に帰宅した早紀と一馬のもとに、廃工場で女性の死体が見つかったという知らせが入る。急行すると、◎されていたのはなんと里美だった。里美は「長崎で起きた◎人事件の犯人を、今、横浜で目撃した」と110番通報している最中に、背後から鉄パイプで頭部を殴られたようだった。

長崎の犯人を目撃したために◎害されたということは、愛介も理恵も危ないのではないか!? 一馬は、まだ長崎にいた2人にすぐに帰ってくるよう指示すると共に、現場から里美が飼っていたと思われるカメを保護する。

一方、検視を行った早紀は里美の顔に奇妙な痣が残っていること、右手の人差し指に小さなノコギリ状のギザギザした傷があることに気づき、不思議に思う。

まもなく、一馬たちは事件当日、松田が音楽プロデューサー・鮫島祐作(岩城滉一)と長崎で会っていた事実を突き止める。

鮫島は、自分は何も知らないといい、疑わしい人物としてサキソフォン奏者の一之瀬直人(忍成修吾)の名を挙げる。

直人は世界的に注目されている新進アーティストだが、人妻・工藤真美(永谷美優紀)との密会を松田にスクープされ、追い詰められた真美が自◎してしまった。その件で、直人は松田をひどく恨んでいたというのだ。

さっそく一馬たちは、スタジオでレコーディング中の直人を直撃した。直人はプロ意識が高いらしく、共演プレーヤーの演奏をけなして揉め、所属事務所社長・朝倉結衣子(とよた真帆)がなだめているところだった。

直人は松田を憎んでいたことをまったく隠そうとせず、真美とは幼い頃、同じ施設で兄妹のように育った間柄なのに、事実無根の記事を書いた松田を許せないと告白する。

そして事件の日、松田を追ってハウステンボスに行ったことも認めた。だが、相手を見つけることができずに戻って来たと主張、同行したという直人の親友・篠原幹夫(黄川田将也)も、それを証明した。

その夜、愛介が理恵と共に帰って来た。両親が海外に滞在中であるため、理恵はしばらく二宮家に泊まることになり、早紀は複雑な心境である。ところが、その理恵が何者かに襲われる事件が起きる。

注目と見どころ

・犯人は誰なのか?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
浜崎理恵 神奈川農工大学・獣医学科の学生、愛介のカノ女!? 杉本有美
松田紘一 写真週刊誌フレームインの記者、被害者 北山雅康
生島里美 カメラマン助手、横浜の廃工場で◎害 小橋めぐみ
朝倉結衣子 一之瀬の所属事務所社長 とよた真帆
一之瀬直人 サクソフォーン奏者 忍成修吾
少年期:中村圭佑
15歳:鈴木翔吾
篠原幹夫 一之瀬の親友 黄川田将也
鮫島祐作 音楽プロデューサー 岩城滉一
五十嵐誠 編集長 相島一之
時村翔太 マネージャー 石井智也
谷村 佐世保南警察署 刑事 山崎大輔
工藤真美 人妻、一之瀬と同じ児童施設出身 永冶美優紀
幼少期:浦谷優羽奈
麗華 篠原の婚約者、社長令嬢 笑京
西村 弁護士 藤田清二
なるみ 南響
藤堂 神父 中丸新将

スタッフ

プロデューサー 高橋浩太郎(テレビ朝日),稲垣健司(テレビ朝日),浦井孝行(国際放映),伊藤由彦(国際放映)
脚本 今井詔二
監督 山本邦彦
制作 テレビ朝日,国際放映



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク