> >

「検事・悪玉2」あらすじ&ネタバレ 橋爪功主演 木下ほうか,金子昇ゲスト出演

ドラマ『検事・悪玉2』のあらすじ&ネタバレ。テレビ朝日・日曜プライム スペシャルドラマで2018年6月8日(日) に再放送。キャストは橋爪功,真野恵里菜,六角精児,山崎一,佐戸井けん太,渡辺穣 他。ゲスト出演は金子昇,西尾まり,渡辺穣,不破万作,床嶋佳子,木下ほうか 他。

作品の評価:

橋爪功さん出演ドラマ『検事・悪玉』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

「検事・悪玉2」あらすじ&ネタバレ 橋爪功主演 木下ほうか,金子昇ゲスト出演

「検事・悪玉2」(2018年6月 日曜プライム)

テレビ朝日・日曜プライム スペシャルドラマで2018年6月8日(日) に放送。

「検事・悪玉」について

橋爪功さんが「悪玉」と呼ばれる変わり者の検事、真野恵里菜さんが相棒刑事、六角精児さんが事務官を演じる異色サスペンスドラマです。

阿久田正紀(橋爪功)は、東京地検に所属する風変わりな検事。検事という立場でありながら事件の最前線に出向き、捜査を引っ掻き回すことから、通称「悪玉」と呼ばれ、現場の刑事たちから疎ましがられている。

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
阿久田正紀 検事(東京地検第一支部所属)、偏屈で一筋縄ではいかない性格、名前にちなみ「悪玉」と呼ばれている 橋爪功
善田まなみ 警視庁捜査一課の若手女刑事、名前にちなみ「善玉」と呼ばれている 真野恵里菜
木暮省吾 事務官(東京地検第一支部所属) 六角精児
宮原哲司 刑事(警部)、まなみの上司 山崎一
白岩雄一 刑事 渡辺穣
桑村良雄 解剖医 佐戸井けん太

『検事・悪玉』について

アクダマに異常な対抗心を燃やす警視庁捜査一課管理官、通称“シニガミ様”に、木下ほうかを迎え、橋爪と丁々発止の演技を繰り広げる!

作品データ

タイトル 検事・悪玉
シリーズ 2
サブタイトル
放送時間 (125分)
出演 橋爪功,真野恵里菜,六角精児,山崎一,佐戸井けん太,金子昇,西尾まり,渡辺穣,不破万作,床嶋佳子,木下ほうか 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2018年6月10日(日) 21:00~23:05 テレビ朝日・日曜プライム ドラマスペシャル ****%

予告動画(トレーラー)

あらすじ

阿久田正紀(橋爪功)は、東京地検に所属する風変わりな検事。検事という立場でありながら事件の最前線に出向き、捜査を引っ掻き回すことから、「アクダマ」と呼ばれ、現場の刑事たちから疎ましがられている。

かつて戦隊ヒーローとして人気を博し、いまは参議院議員をめざすタレントの葛西修平(金子昇)が、駅前広場で演説している最中、木々の間に仕掛けられた火薬が破裂し、葛西や聴衆たちに硫酸が降り注ぐ事件が発生する。硫酸を顔に浴びた葛西は悲鳴をあげてのたうち回り、駆け寄った議員秘書の村上祐一も火傷を負うなど、広場はパニック状態になる。

現場に駆けつけた警視庁捜査一課の警部・宮原哲司(山崎一)若手刑事の善田まなみ(真野恵里菜)らは、木の枝にくくりつけられた和紙に書かれた『苦しみを知れ』という言葉を犯行声明とみて無差別テロと推理する。

現場では戦隊ヒーローのファンで街頭演説を聞きに来ていた東京地検・事務官の木暮省吾(六角精児)も救急隊の診察を受けていたが、そこに遅れてきた東京地検・検事のアクダマこと阿久田正紀は、現場に飛び散った硫酸の濃度に差があることから、これは無差別テロではないと断言する。

葛西の病室を訪ねた阿久田は、「日本を良くしたいから政治家になろうと思った」と語る葛西に対し、「戦隊もので一世を風靡したものの、その後は泣かず飛ばす…政治家になれば話題になり尊厳も保てる」「タレント議員なんて大半はそんなもん」と言い、葛西を怒らせる。

主婦層の人気も高いことから勇名党の公認候補となった葛西だが、「落ち目のタレントが議員になって、報酬に血税が使われるのをよしとしない人間がいるのは当然」というのが阿久田の考えだった。

そして今回の事件に対し、阿久田と同様、「無差別テロを装い、演説中の葛西を狙った犯行」と推理していたのが、警視庁捜査一課管理官の志神恭司(木下ほうか)。敵味方構わず検挙し、彼が通った後には屍が横たわるということから “シニガミ様”と呼ばれている。

阿久田とも旧知の仲の志神は、阿久田が現場に出ていることを知ると、「今回の指揮は私が執る」と宣言。志神と再会した阿久田は、「シニガミ管理官も捜査に参加されるなんてワクワクしますわ」と挑発。

志神も「私の邪魔をしたら容赦なく消す」と宣戦布告する。そんな志神が傷害罪で逮捕したのは、幸福叶界の代表で“界王様”を名乗る最上信子(床嶋佳子)

幸福叶界は、『日本人の幸福を叶えるため、悪しき政党を強行に排除する行動も辞さない』と主張する団体で、補償費の削減や介護報酬の引き下げを推進する勇名党に対し、何度も抗議デモを行っていた。最上のように疑わしい人物を別件逮捕して締め上げるのが志神の常套手段だった。

そんな中、残忍なテロ行為を許せないとし、もし幸福叶界が関与しているなら「今すぐにでも潰すべき」と報道陣に語っていた勇名党の年配議員、佐山高志が夜の公園で胸を杭で刺されて◎害される事件が起こる。

杭に巻き付けられた和紙には『苦しみを知れ』という言葉が記され、葛西の事件と同一犯の可能性が高いと推測された。そしてまなみから報告を受けた阿久田は、被害者の佐山が殺害される前、秘書に電話するのではなく、『公園に来い。怪しいのがいる』というメールを送っていたことに不審を抱く。

佐山が幸福叶界を非難した直後に◎害されたことから、志神は拘留中の最上に対し、「『苦しみを知れ』っていうのは、勇名党に対してのメッセージですか?」と迫る。

一方、幸福叶界の本部を訪ねた阿久田は、最上らの活動を「完全な洗脳」と非難。「人の信じる力は偉大」と最上が阿久田らの目の前で見せた界王様のパワーも「インチキだ」と吐き捨てるが、その帰り道、阿久田は何者かに襲われる。

注目と見どころ

・犯人は誰なのか?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
葛西修平  かつて戦隊ヒーローとして人気を博した落ち目タレント、参議院議員をめざしている、事件の被害者 金子昇
天野安恵  西尾まり
白岩雄一  渡辺穣
重盛正俊  不破万作
最上信子  幸福叶界の代表、界王様を名乗る 床嶋佳子
志神恭司  警視庁捜査一課管理官、シニガミ様と呼ばれている 木下ほうか

スタッフ

プロデューサー 飯田新(ABC放送),原克子(松竹),嶋村希保(松竹)
脚本 山岡潤平
監督 本田隆一
制作 ABC=ABCテレビ,松竹



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク