> >

「検事・悪玉」橋爪功&真野恵里菜&六角精児 出演

ドラマ『検事・悪玉』のあらすじ&ネタバレ。テレビ朝日・土曜ワイド劇場2016年3月19日放送。橋爪功が「悪玉」と呼ばれる変わり者の検事、真野恵里菜が相棒刑事、六角精児が事務官、異色サスペンス! 山崎一,鷲尾真知子,佐戸井けん太,柳ゆり菜,我妻三輪子。

作品の評価:

『検事・悪玉』は、橋爪功さんが「悪玉」と呼ばれる変わり者の検事、真野恵里菜さんが相棒刑事、六角精児さんが事務官を演じる異色サスペンスです。

『検事・悪玉』について

作品データ

タイトル 検事・悪玉
公開 2016年3月19日
上映時間 126分
プロデューサー 飯田新(ABC), 原克子(松竹), 嶋村希保(松竹)
脚本 山岡潤平
監督 本田隆一
音楽 未知瑠
出演 橋爪功,真野恵里菜,六角精児,山崎一,鷲尾真知子,佐戸井けん太,柳ゆり菜,我妻三輪子
制作 ABC,国際放送

放送歴

年月日 放送局・番組
2016年3月19日 21:00 ~ 23:06 テレビ朝日・土曜ワイド劇場

スポンサードリンク

あらすじ

阿久田正紀(橋爪功)は、東京地検に所属する風変わりな検事。検事という立場でありながら事件の最前線に出向き、捜査を引っ掻き回すことから、通称「悪玉」と呼ばれ、現場の刑事たちから疎ましがられている。

 ある日、19歳の大学生、庄野一真の遺体が都内の空き地で発見され、警視庁捜査一課が臨場。交通課から捜査一課に異動してきたばかりの若手刑事、善田まなみ(真野恵里菜)も張り切って現場に駆けつけるが、まなみが上司の警部・宮原哲司(山崎一)から命じられたのは、東京地検の検事・阿久田正紀、通称アクダマが、捜査を引っ掻き回さないよう、捜査に協力するふりをして監視することだった。

そんな中、事務官の木暮省吾(六角精児)を連れ、現場に現れた阿久田は、被害者の口の中に繊維片が残っていることを見つける。さらに被害者の両手首の毛が少しだけ薄くなっていることなどから、犯人は被害者をベッドに縛り付けた上で、顔にタオルを乗せ、上から水をかけて殺害したと推理。その残忍な手口から、犯人は被害者を強く恨んでいたという見立てを刑事たちに披露する。

 ほどなく、被害者の庄野のキャッシュカードを使い、コンビニのATMから何者かが限度額の50万円を引き出したことが発覚。防犯カメラの映像から、金を引き出したのは庄野の交際相手かと思われたが、庄野は女遊びがひどく、現金を引き出した女の身元は特定できなかった。

 そんな中、まなみが阿久田の後を追うと、キャバクラを次々とハシゴする阿久田の姿が…。実は阿久田は、庄野の交友関係から交際相手はキャバクラに勤めている可能性が高いと推測。現金が引き出されたコンビニ周辺のキャバクラをはしごして聞き込みを続け、庄野のキャッシュカードを使った女を特定していた。

キャバクラ嬢の葛西春菜(我妻三輪子)に案内してもらい、阿久田とまなみが、庄野の交際相手のキャバクラ嬢、入江千香(柳ゆり菜)のマンションを訪ねると、出てきた千香の顔はアザだらけだった。実は千香は交際相手の庄野から半年にわたり肋骨にヒビが入るほどの暴力を受けていた。

庄野のキャッシュカードを使い50万円を引き出したことを認めた千香は、これまで一真から受けてきた暴力に対する慰謝料のつもりだったと言い張るが、阿久田は「それは君の個人的な見解だ」と一蹴。千香を窃盗の容疑で逮捕してしまう。



スポンサードリンク


 その頃、ゴシップ誌『スプラッシュ』に、庄野がレ〇〇魔だったことを暴露する記事が掲載される。『スプラッシュ』編集部には、『庄野一真の本性』と書かれたメモとUSBメモリが入った差出人のない封筒が届き、USBメモリの中には、庄野自らが大学の同級生をレ〇〇したことを告白する映像が入っていたのだ。

その映像は庄野を殺害した犯人が撮ったものと思われたが、庄野の卑劣な本性を露わにする報道が広がるにつれ、ネットでは庄野のことを『クズ』『殺されて当然』などと誹謗中傷する書き込みが溢れるようになっていく。

 そんな中、庄野からレ〇〇被害にあった女子大生、水野茜(遠藤瞳)の家を訪ねた阿久田とまなみは、茜の母、真衣子(原久美子)の口から「娘にひどいことをした男が死んで、せいせいしている」という発言を聞く。それはレ〇〇被害を警察に訴えても、少年法に守られ、未成年である庄野の名前は世間には出ないことに対する真衣子の憤りの言葉だった。

しかし阿久田は庄野が殺害された時間に、茜や真衣子たちのアリバイがあるかを確認。茜は「私も疑うの?」と激怒し、同行したまなみも「被害者の悲しみを逆なでするのは許せない」と阿久田への反発を強める。

 事件解決の糸口がつかめない中、第2の事件が起こる。都内の公園で見つかったのは男性の遺体。被害者は鎌田裕志、21歳。首筋に残されたスタンガンのような痕や、手首のテープによる拘束痕など、庄野一真殺害事件と手口が似ていることから同一犯の犯行と思われたが、右手の指だけがかなづちのようなもので叩き潰されている点が違っていた。

この事件でも犯人と思われる人物からの映像がスプラッシュ宛に届き、そこには被害者の鎌田裕志が19歳の時、信号無視をして自転車で老婆をひき逃げし、寝たきりにさせたことを自白する映像が入っていた。そのことがニュースで流れると、ネットにはまたも『こいつも犯罪者なの?』『死ね』などの書き込みだけでなく、犯人を少年法で守られた罪人を裁く正義のヒーロー視する者まで現れる。

さらにネット動画には、「庄野一真、鎌田裕志を殺したのは私」と名乗る、頭の大きなふざけたかぶりもの(大頭頭)をかぶった人物が登場。彼は庄野や鎌田のような犯罪者たちが未成年であるために少年法で守られ、のうのうと生きている日本の問題点を指摘し、「私が法を超えた正義の執行者として、罪人を裁いてやる」と宣言。

捜査一課の宮原たちは「これは少年法の是非を大義名分にした、ただの快楽殺人」と、犯人への怒りを露わにする。そんな中、地道な捜査を続ける阿久田とまなみは、鎌田には自転車のひき逃げ以外にも、事件を起こした過去があったことを発見する。

注目と見どころ

・ 一連の事件の真犯人は誰なのか?
・「法を超えた正義の執行者」を名乗る男の正体とは?

主な登場人物

登場人物 キャスト
阿久田正紀
橋爪功
善田まなみ
真野恵里菜
木暮省吾
六角精児
宮原哲司
山崎一
篠原成美
鷲尾真知子
桑村良雄
佐戸井けん太
入江千香
柳ゆり菜
葛西春菜
我妻三輪子
水野真衣子
原久美子

参考サイト

・http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/


作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*