> >

『森村誠一の終着駅シリーズ26 殺意の奔流』あらすじ&ネタバレ 原田夏希,高橋和也, 野村佑香ゲスト出演

ゲスト出演は高橋和也,原田夏希,福島望愛,上保千陽奈,三好杏依,飯田基祐,大家由祐子,野村佑香,村杉蝉之介,伊藤高,笠兼三,古宮基成,嶋崎伸夫,二宮弘子,邱太郎,宇山けん,真砂豪,下川江那,蟹江一平,大寶智子,菅原大吉,中原丈雄 他。キャストは片岡鶴太郎,岡江久美子,秋野太作,増沢望,徳井優 他。

作品の評価:

片岡鶴太郎さん出演ドラマ『森村誠一の終着駅シリーズ26 殺意の奔流』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『森村誠一の終着駅シリーズ26 殺意の奔流』あらすじ&ネタバレ 原田夏希,高橋和也, 野村佑香ゲスト出演

『森村誠一の終着駅シリーズ26 殺意の奔流』
(土曜ワイド劇場 2012年10月)

テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2012年10月27日(土)に放送されました。2017年11月24日(金)にテレ朝で再放送。

「森村誠一の終着駅シリーズ」について

テレビ朝日系・土曜ワイド劇場で、1990年から放送されている森村誠一著の推理小説「牛尾刑事・事件簿」シリーズが原作の刑事ドラマシリーズです。

主人公は、片岡鶴太郎さん演じる警視庁新宿西警察署刑事課の牛尾正直刑事、第1作から第4作までは「太陽にほえろ!」の山さん役で有名な露口茂さんが演じていました。

登場人物 キャスト
牛尾正直
警視庁新宿西警察署刑事課の刑事(警部補)、通称:モーさん
片岡鶴太郎
牛尾澄枝 牛尾の妻、事件解決のヒントを口にすることも・・・ 岡江久美子
坂本 刑事課長、牛尾の上司 秋野太作
大上達夫 牛尾とコンビを組む後輩刑事 東根作寿英
山路 刑事、牛尾と意見が対立する同僚刑事 徳井優
海野 鑑識官 笠井一彦

『森村誠一の終着駅シリーズ23 死差路』について

作品データ

タイトル 森村誠一の終着駅シリーズ26 殺意の奔流
シリーズ 26
サブタイトル ある退職刑事の死!!犯人が遺した二重血痕の謎、容疑者はバスツアーの中にいる…
放送時間 (126分)
出演 片岡鶴太郎,岡江久美子,中原丈雄,原田夏希,高橋和也,野村佑香,秋野太作,東根作寿英,徳井優,飯田基祐 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2012年10月27日(土) 21:20~23:26 テレビ朝日・土曜ワイド劇場 16.2%
2017年11月24日(金) 14:04~15:55 テレビ朝日・再放送

あらすじ

新宿西署の刑事・牛尾正直(片岡鶴太郎)は、妻・澄枝(岡江久美子)と山梨・勝沼への1泊旅行に出かけた。

6年前、山梨・天狗山で事故死した先輩刑事・伊沢良介(中原丈雄)の7回忌の墓参りを兼ねての、結婚25周年目の小旅行だった。

牛尾は、ワイン工場、昇仙峡をめぐり、チェックインしたホテルの通路で、バスツアー客同士の男2人がもみ合うのを目にして制止するが、そのツアー客を付け回しているような風情のサングラスの女も気になった。

4日後の早朝――新宿の高級マンションの一室で男の死体が発見された。臨場した牛尾は、被害者を見て驚いた。先日の旅行の際、揉めていた男のひとりだったのだ。被害者は大手銀行融資部に勤務するエリート・江島義紀(飯田基祐)で、ワインボトルで後頭部を殴られて◎害されていた。

江島には、同じ銀行に勤める田所瞳(野村佑香)という婚約者がいた。瞳によると、交際3カ月で婚約したばかりで、付き合う以前のことはよく知らないという。

その夜、自宅に帰った牛尾に、澄枝が気になることを話した。その日、澄枝はバスの車窓から、牛尾が旅先で失くした帽子をかぶった女を見かけたというのだ。帽子は伊沢からもらったいわば形見で、牛尾にとっては大切なものだった。澄枝は、その帽子を被った女がオープンカーに乗っていたと話し、しかも旅先で見かけたバスツアー客の女に違いないと主張、山梨で撮った写真まで出してきた。

澄枝が「この人よ、間違いない」と指差した写真を見て、牛尾は顔色を変える。そこには、殺された江島とその女が、連れ添うような形で写っていたのだ。

バスツアーの添乗員・伊沢美穂(原田夏希)に確認したところ、江島と一緒に写っていた女は、イベント会社社長・中倉佳世(大家由祐子)だとわかる。

だが、佳世を直撃すると、ツアーにはひとりで参加し、同じく単独で参加していた江島とはそこで知り合って挨拶程度の会話を交わしただけだという。そして、澄枝が見かけた帽子は、似てはいたが、牛尾が失くしたものではなかった。江島が殺された夜の佳世のアリバイも強固なものだったが、江島と佳世が無関係とはどうしても思えない牛尾だった。

そんな中、江島の上司、融資部長の渡辺正雄(菅原大吉)が捜査線上に浮かぶ。渡辺は自分が担当した融資先の“焦げ付き”の補填工作を江島に知られ、脅迫を受けていたのだ。事件当夜のアリバイもあやふやだとわかり、さっそく山路刑事(徳井優)らは渡辺の取調べを開始する。

だがその矢先、佳世が刺◎体となって発見される。

注目と見どころ

・犯人は誰?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
伊沢美穂 飛鳥観光の社員、バスツアーの添乗員 原田夏希
幼少期:福島望愛
小学生:上保千陽奈
中学生:三好杏依
伊沢良介 警視庁新宿西警察署 → 警視庁狛江警察署・牛尾正直の先輩刑事、6年前 山梨の天狗山で転落死 中原丈雄
千葉竜吾 警視庁狛江警察署・生活安全課の刑事、伊沢の後輩 高橋和也
江島義紀 新都銀行・融資部の行員 飯田基祐
中倉佳世 イベント会社社長 大家由祐子
田所瞳 江島の婚約者、新都銀行・人事部の行員 野村佑香
新津健司 自動車ディーラー、江島の大学の同級生 村杉蝉之介
井上 新都銀行・人事部の部長 伊藤高
稲森 甲州警察署の巡査 笠兼三
恩田浩 新都銀行・融資部の元行員、6年前失踪 → 白骨死体で発見 古宮基成
岩瀬 山梨県警察 刑事 嶋崎伸夫
伊沢家を知る女性 二宮弘子
池田 6年前 伊沢が天狗山で転落後に走り去る外車を目撃した男性 邱太郎
太田 飛鳥観光 社員、美穂の上司 宇山けん
刑務官 真砂豪
伊沢絹江 伊沢の実母、美穂の養母 下川江那
古川達郎 美穂の実父、元服役囚、故人 蟹江一平
恩田佐和子 恩田の妻・恩田の失踪後実家に帰省 大寶智子
渡辺正雄 新都銀行・融資部の部長 菅原大吉

スタッフ

原作 森村誠一「法王庁の帽子」
プロデューサー 佐藤凉一 (テレビ朝日),目黒正之 (東映)
脚本 吉本昌弘
監督 池広一夫
制作 テレビ朝日,東映


動画配信の紹介


法王庁の帽子 (光文社文庫)


作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク