> >

『東京ラブストーリー』(1991年 月9)初回~最終回 あらすじ&ネタバレ 再放送スケジュール

東京ラブストーリーの全話(第1話から最終回)の見どころ、ネタバレ、再放送スケジュールまとめ。柴門ふみ原作の漫画「東京ラブストーリー」の実写ドラマ化。フジテレビ系の「月9」枠で1991年1月7日~3月18日(全11話)放送。キャストは鈴木保奈美,織田裕二,江口洋介,有森也実,千堂あきほ,西岡徳馬,,中山秀征,伊藤美紀,五島悦子,冨家規政,潮哲也,水島かおり,筒井道隆 他。

作品の評価:

東京ラブストーリーの全話(第1話から最終回)の見どころ、ネタバレ、再放送スケジュールまとめです。

『東京ラブストーリー』(1991年 月9)初回~最終回 あらすじ&ネタバレ 再放送スケジュール

『東京ラブストーリー』(1991年 フジテレビ・月9)

東京ラブストーリーについて

柴門ふみ原作の漫画「東京ラブストーリー」の実写ドラマ化。フジテレビ系の「月9」枠で放送。主演は鈴木保奈美さんと織田裕二さん。

田舎から東京の会社にやってきた若者・永尾完治(織田裕二)幼なじみの関口さとみ(有森也実)が好きだった。

しかし関口は永尾の同級生・三上健一(江口洋介)に心惹かれていた。完治は同じ会社で知り合った赤名リカ(鈴木保奈美)から一途に愛を打ち明けられ、その恋愛は成就するように見えたが…。

リカと完治のストレートな恋愛を繊細に描いたラブストーリー。原作では主に完治の視点を中心に展開したが、ドラマではリカを中心にすえ、彼女の心情を描いている。

作品データ

タイトル 東京ラブストーリー
放送 連ドラ:1991年1月7日~3月18日(全11話)
月曜 21:00~21:54(54分)
特別編:1993年2月12日(金曜)21:02~22:52(110分)
出演 鈴木保奈美,織田裕二,江口洋介,有森也実,千堂あきほ,西岡徳馬 他

出演者

登場人物 キャスト
赤名リカ スポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」の事業部所属の社員、ロサンゼルスでの生活経験がある帰国子女 鈴木保奈美
永尾完治 ハートスポーツの社員、リカからは「カンチ」と呼ばれる、愛媛出身、さとみと三上とは愛媛東高校での同級生 織田裕二
三上健一 文京大学医学部の大学生、軽薄な印象、実家は金持ちで送金してもらっているが他は絶縁に近い状態、異性関連のトラブルが多い、永尾の高校の同級生 江口洋介
関口さとみ 元麻布幼稚園に勤務している幼稚園教諭、清楚な印象、永尾の高校の同級生 有森也実
長崎尚子 三上の大学の同級生、資産家の娘 千堂あきほ
和賀夏樹 ハートスポーツの営業部長、永尾とリカの上司、既婚者、永尾がやって来る前はリカと不倫関係にあった 西岡徳馬
渡辺 永尾の同僚、ハートスポーツの営業部所属の社員 中山秀征
石井 永尾の同僚、ハートスポーツの営業部所属の社員 伊藤美紀
みどり リカの同僚、ハートスポーツの事業部所属の社員 五島悦子
尚子の婚約者 冨家規政
ときこ 関口の同僚、元麻布幼稚園の幼稚園教諭 水島かおり
アルペンの販売主任 潮哲也(#4)
大滝新太郎 永尾と別れた後のリカの後輩、リカと2人で愛媛に出張(特別編オリジナルキャラクター) 筒井道隆(#SP)

エピソード一覧

再放送日 サブタイトル 視聴率 初回放送日
1 2018年
9月14日(金)
出会いと再会 20.7% 1991年
1月7日
2 9月17日(月) 愛ってやつは 20.8% 1月14日
3 9月18日(火) 二人の始まり 19.9% 1月21日
4 9月19日(水) 君の翼になる 17.1% 1月28日
5 9月20日(木) いつも思い出して 19.9% 2月4日
6 9月21日(金) 赤い糸に結ばれて 20.1% 2月11日
7 9月24日(月) 愛は待たない 22.4% 2月18日
8 9月25日(火) この恋を信じたい 22.9% 2月25日
9 9月26日(水) 行かないで 26.3% 3月4日
10 9月27日(木) 約束 29.3% 3月11日
11 9月28日(金) 最終回 さよなら 32.3% 3月18日
SP 特別編 29.9% 1993年
2月12日

スポンサードリンク

ストーリー

#1「出会いと再会」

赤名リカ(鈴木保奈美)は、ハートスポーツの事業部で働くOLである。四国から上京した永尾完治(織田裕二)がハートスポーツの営業部に就職した。

リカは空港に完治を迎えに来ていた。初対面なのにマイペースで話す独特なリカに完治は圧倒される。リカは同級生に「カンジって名前の子がカンチと呼ばれていた」と
いうことで、長尾完治のこともカンチと勝手に呼び始めるのであった。二人は何となく気が合ってきた。

完治の高校の同窓会が開かれた。10人ほど集まって鍋をつついていと、憧れの関口さとみ(有森也実)がやってきた。会の終わりごろ親友の三上健一(江口洋介)が現れた。そして、なんとリカを連れてきた。来る途中、ナンパしたと言う。

この同窓会をきっかけに完治とさとみは急接近した。完治はさとみとデートすることになった。ところが、三上がついてきて・・・。

#2「愛ってやつは」

リカが完治に、アイスホッケーの試合のチケットを2枚プレゼントした。完治とさとみが試合を見に行くとリカもやってきた。

試合が終わってから3人はバーへ行く。完治はリカに、和賀夏樹部長(西岡徳馬)との不倫の噂を聞く。「ほんとよ」とリカは言う。「好きだったら誰とでも寝るのか」という完治に、リカはビールをひっかけ、店を出て行く。

2人きりになった完治はさとみに「オレと付き合ってくれないか」と切り出した。「宿題にする」と答えるさとみ。そして、さとみは>三上に、完治から交際の申し込みがあったことを話した。

#3「二人の始まり」

デパートのティールームで完治とさとみが会った。三上健一を好きだろうと言われたさとみは返事に困った。立ち去るさとみ、つらい完治。

そんな完治をリカが慰める。「ガンバレ、わたしもガンバル」という。これを聞いた完治は「これからは三上とさとみを応援する」という。永尾は三上に会った。
三上「オレがさとみの気持ちを受け止めてもいいのかよ」と完治に言った。
完治「オレが口出しするようなことじゃない」
三上の部屋、ベッドの中に三上とさとみ。

#4「君の翼になる」

永尾(織田裕二)とリカ(鈴木保奈美)はベッドをともにした。その日、会社へ出た永尾は、部長の和賀(西岡徳馬)から、新製品のテニスシューズをデパートへ売り込むよう命じられた。翌日、永尾は三上(江口洋介)から電話で呼び出された。喫茶店で会った。三上はさとみ(有森也実)とオレのことを祝福してくれと言った。
永尾はデパートへ行った。前日は渋っていた主任が、「話を聞く」と言った。リカが手を回してくれたのだ。会社に帰った永尾はリカに「余計なことをするな」と怒った。結局、永尾とリカはケンカを・・・。

#5「いつも思い出して」

リカ(鈴木保奈美)、永尾(織田裕二)、そしてさとみ(有森也実)、三上(江口洋介)は、そろって温泉に行く。三上の女性関係のことで怒っていたさとみは彼と仲直り、リカと永尾は散歩に出た。永尾をリカを抱きしめ、リカは幸せな気分に・・・。
温泉旅行から帰ったさとみは、三上のマフラーを編む。そんなさとみのアパートへ、「三上はいないか」と若い女性が現れた。さとみは三上を訪ねて大学の研究室へ行く。すると、三上と尚子(千堂あきほ)が妙な雰囲気。さとみは部屋を飛び出した。
永尾の誕生日。リカの待つマンションへ帰ろうとした永尾のところにさとみから電話が・・・。

#6「赤い糸に結ばれて」

さとみ(有森也実)が盲腸で、三上(江口洋介)の大学の付属病院に入院したという電話。永尾(織田裕二)はリカ(鈴木保奈美)を連れて見舞いにいく。三上はつきっきりで看病していた。尚子(千堂あきほ)も、花束を持って見舞いにやってきた。尚子はみんなの前で、この四月、親の決めた人と結婚すると言った。これで、三上と尚子の仲を疑っていたさとみのモヤモヤした気分が消えた。
だが、尚子は悩んでいた。その悩みを三上にぶつけた。二人はバー「ゼルダ」で飲んだ。「親のために結婚したくない」と涙を流す尚子。そっと抱きしめる三上。その様子をさとみが・・・。

#7「愛は待たない」

三上(江口洋介)が尚子(千堂あきほ)と抱き合っているのを目撃したさとみ(有森也実)。永尾(織田裕二)に会ってそのことを話す。でも永尾はどう言ったらいいか分からない。永尾がマンションに帰ってくるとリカ(鈴木保奈美)がいた。永尾はさとみのことを話した。リカは突然、永尾の故郷の愛媛へ行こうと言い出した。
バーで永尾と三上が飲む。女性のことで曖昧なことばかり言う三上を永尾が殴りつける。二人が大ゲンカ。さとみがリカと公園で会った。「三上くんと別れる」とさとみはリカに告げた。そして、土曜日。さとみは三上に「笑って別れよう」と言って走り去った。

#8「この恋を信じたい」

永尾(織田裕二)の高校時代の同級生が結婚した。永尾が2次会の幹事を引き受けた。三上(江口洋介)ときっぱり別れたさとみ(有森也実)も出席した。さとみはすっかり元気を取り戻した。
さとみのマンションから出た三上は、永尾の近くのアパートに引っ越してきた。三上はさとみのところへ自分の荷物を取りに行く。さとみは意外に明るい応対。部屋を出ていく三上に自分が編んだマフラーを渡した。リカ(鈴木保奈美)に新しくできるロサンゼルス支社行きの話が持ち上がった。リカは「さようならを言わなくてはならないかと・・・」と永尾に話して・・・。

#9「行かないで」

リカ(鈴木保奈美)は、ロサンゼルス転勤で迷っている。和賀部長(西岡徳馬)に相談する。和賀は永尾(織田裕二)に、「リカをロスへやってしまえ」と言う。夜、リカと永尾がバーで会った。リカは永尾に「ロス行きを止めると思ったのに」と言った。「リカにとってロス行きが一番いいと思ったら行きなさい」という永尾。リカは三上(江口洋介)と水割りを飲む。やはり迷っているリカ。
永尾はさとみ(有森也実)に呼ばれてマンションを訪ねる。高校時代の話をする。ついにリカは、ロス行きを決意し、それを和賀に・・・。

#10「約束」

リカ(鈴木保奈美)に会って話をするはずだった永尾(織田裕二)。だが、さとみ(有森也実)に引き止められて、リカをすっぽかした。翌日、リカと永尾は会社で会った。リカは悲しい表情で永尾を見つめるだけだった。
永尾はリカに会って、けじめをつけなくてはならない。日曜日に会社に行くと、リカが仕事をしていた。永尾は何か言わなくてはならないと思ったが何も言えない。リカは部屋を飛び出した。その夜、永尾はリカと会った。そして、リカとやっていく自信がない、と告げた。「別れない」というリカ。そして、リカがいなくなった。

#11(最終回)「さよなら」

姿を消したリカ(鈴木保奈美)は、永尾(織田裕二)の故郷・愛媛にいた。追いかけてきた永尾と小学校で出会った。永尾はリカにロサンゼルス支社行きを勧めた。リカはロス行きを決めた。そして二人は別れた。
永尾が会社に出社すると、リカがロスへ出発したと知らされた。屋上に出た永尾は遠くを見つめた。
一方、結婚してハネムーンに出かけた尚子(千堂あきほ)は、一人で帰ってきてしまった。何もかも捨てたといって三上(江口洋介)のマンションにやってきた。そして、三年後・・・。

#SP(特別編)

・金曜ドラマシアター・バレンタインSPで放送
・シリーズの総集編的な内容、15分ほどの新撮影部分が追加

スタッフ

原作 柴門ふみ
脚本 坂元裕二
演出 永山耕三(#1#2#5#7#9#11)、本間欧彦(#3#4#6#8#10)
プロデュース 大多亮
企画 山田良明
音楽 日向敏文(アルファレコード)
主題歌 小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」(ファンハウス)
制作 フジテレビ


Blu-rayBOX &書籍紹介


作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください