> >

『警視庁捜査一課9係12』第2話「消えた水死体」あらすじ&ネタバレ 筒井真理子,上杉祥三ゲスト出演

捜査一課9係12 第2話「消えた水死体」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。ゲスト出演は筒井真理子,上杉祥三,広澤草 他 。キャストは渡瀬恒彦,井ノ原快彦 (V6),羽田美智子,中越典子,吹越満,田口浩正,津田寛治,原沙知絵,中村俊介,竹中直人,野際陽子,里見浩太朗 他。

作品の評価:

「捜査一課9係12」の第2話「消えた水死体」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめです。

第2話「消えた水死体」について

遺体が・・・消えた!? 9係VS法医学者

作品データ

エピソード S12#2
サブタイトル 消えた水死体
概要 大学のプールで目撃された遺体が消失。その遺体はなぜか海で発見される。プールにあったはずの他殺体はどうやって“移動”したのか…

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年4月19日(水) 21:00~21:54 テレビ朝日 11.6%
2018年4月4日(水) 15:53~16:50 テレ朝・再放送

あらすじ

大学研究室の屋上にいた黛優之介(竹中直人)がプールに浮かぶ男の死体を発見した。しかし、プールにたどり着いたときには死体が消える、という奇妙な事件が発生した。

黛によると、着衣から死体は2日前に再会したばかりの友人で経済学部長の来栖康利(上杉祥三)に違いないという。来栖の妻・杏子(筒井真理子)と仲睦まじく、トラブルに巻き込まれている様子などなかったのだが・・・。

 来栖の遺体が埠頭で発見され、黛と早瀬川真澄(原沙知絵)の解剖の結果、溺死した場所は海ではなくプールであることがわかった。胃の内容物から未消化の種子らしきものが見つかり、胃にはごくわずかだが炎症も見られるという。

 来栖の周辺を調べていた9係・小宮山志保(羽田美智子)村瀬健吾(津田寛治)は、来栖が准教授の岡村(西ノ園達大)との間にトラブルを抱えていた事実をつかむ。岡村はゼミ合宿へ行っていたとアリバイを主張するが、逆に完璧すぎるアリバイに志保らは不審を抱く。

 青柳靖(吹越満)矢沢(田口浩正)の調べで、来栖が行きつけのクラブでアテモヤという珍しい果物をホステスに買いに行かせ、ひんしゅくをかっていたことがわかった。胃の中にあった種子はアテモヤ?次々と明らかになる来栖の素顔に黛は驚きを隠せない。

 浅輪直樹(井ノ原快彦)と真澄は、来栖の妻・杏子から話を聞くが、やはり夫のクラブ通いやアテモヤが好きだったことなど知らなかったという。

 その後の調べで来栖の胃の炎症の原因も判明。岡村のアリバイも崩されたと思われたが・・・。

黛の大胆な推理と直樹の疑問から浮かび上がってくる意外な犯人とは!?

大まかな見どころ

・意外な犯人とは誰か?
・加納倫太郎の登場シーン
・青柳靖と村瀬健吾のやり取り

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
来栖杏子 来栖康利の妻 筒井真理子
来栖康利 経済学部長、黛優之介の友人、被害者 上杉祥三
岡村 准教授 西ノ園達大
下田栞 広澤草

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
加納倫太郎 (かのう りんたろう)
捜査一課9係の係長、階級は警部。
警視総監から内閣テロ対策室改造のアドバイス役を命じられ、その仕事に追われることになる。
渡瀬恒彦
浅輪直樹 (あさわ なおき)
9係刑事、階級は巡査部長、彼女は倫太郎の娘・石川倫子。
井ノ原快彦 (V6)
小宮山志保 (こみやま しほ)
9係刑事で主任、紅一点のムードメーカー、階級は警部補。
羽田美智子
村瀬健吾 (むらせ けんご)
9係の刑事、階級は警部補、出世欲が強いが熱い刑事魂がある。
津田寛治
青柳靖 (あおやぎ やすし)
9係の刑事、階級は警部補、シリーズ6,7では主任、反発精神の塊の変人。
吹越満
矢沢英明 (やざわ ひであき)
9係の刑事、階級は巡査部長、変人青柳とコンビ組む。妻は売れっ子漫画家・矢沢早苗。
田口浩正
石川倫子 (いしかわ みちこ)
加納倫太郎の娘、浅輪直樹の恋人、職業はパティシエール。
中越典子
早瀬川真澄 (はやせがわ ますみ)
関東監察医務院の監察医
原沙知絵
園田俊介 (そのだ しゅんすけ)
倫子がパリ留学中のルームメイトだった画家。
倫子と同居していたことで直樹に関係を疑われるが、本人は誤解と一笑。直樹とは親友だと思い込んでいる。
中村俊介
黛優之介 (まゆずみ ゆうのすけ)
真澄の大学時代の恩師で、現在は世界的に有名な法医学者。若いころは関東学生チャンピオンになったほどの空手の使い手らしい・・・
竹中直人
早乙女静香 (さおとめ しずか)
倫太郎の亡き前妻の従姉。現在居住する団地の自治会長。花壇で花を育てることを趣味としている。
野際陽子

作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク