> > >

警視庁・捜査一課長3最終回(第10話)「捜査一課長 最後の事件」 あらすじ&ネタバレ 片瀬那奈ゲスト出演

ドラマ警視庁・捜査一課長3最終回(第10話)「捜査一課長 最後の事件」のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。ゲスト出演は中村梅雀片瀬那奈,山崎銀之丞,佐渡稔,葉山レイコ,山本龍二,坂口芳貞,秋定里穂,比嘉梨乃,鈴木信二,大和田伸也 他。キャストは内藤剛志,金田明夫,鈴木裕樹,矢野浩二,本田博太郎,床嶋佳子,安達祐実,塙宣之(ナイツ) 他。

作品の評価:

「警視庁・捜査一課長3」の第10話「捜査一課長 最後の事件」の見どころ、ネタバレ、見逃し放送データまとめです。

警視庁・捜査一課長3最終回(第10話)「捜査一課長 最後の事件」 あらすじ&ネタバレ 片瀬那奈ゲスト出演

警視庁・捜査一課長3最終回(第10話)「捜査一課長 最後の事件」

最終回(第10話)について

作品データ

エピソード S3#10 最終回
サブタイトル 捜査一課長 最後の事件
キャッチ 衝撃の最終回!! 容疑者は大岩捜査一課長の元同僚で殉職した刑事!? 34年前と現在…二つの事件を追う中、辞任に追い込まれる大岩捜査一課長を待つ運命とは!?
概要 江戸川区の荒川沿いで、両指すべての指紋がない男性の遺体が発見された!!被害者は34年前、指名手配された強盗殺人犯であり、さらに谷中萌奈佳の本当の父親という疑惑も…!?萌奈佳の出生の秘密が絡んだ二つの事件の真実を、大岩捜査一課長らが決意の捜査で突き止めていく!!

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2018年6月14日(木) 20:00~21:48
最終回2時間SP
テレビ朝日 13.1%
2018年7月13日(金) 13:59~15:53 テレ朝・再放送

予告動画(トレーラー)

https://www.youtube.com/embed/ED5sE0Ge-1U

あらすじ

東京都北区の荒川沿いで、両手指すべての指紋がない男性の遺体が発見された。臨場した捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、遺体の顔を見て驚く。

実は34年前、谷中萌奈佳(安達祐実)父・明彦(中村梅雀)が重要参考人の男を取り逃がしたことがあり、その男とよく似ていたのだ。

萌奈佳もまた、被害者と会ったことがあると言い出す。先週末に開催された防犯イベントでグッズを配っていた際、自分を遠くから見つめていたため、話しかけたところ、もどかしい表情を浮かべながら一言も話さず去っていったという。

まもなく、遺体の身元は34年前、◎人容疑で指名手配された佐原佳男(佐渡稔)とわかる。34年前、商社社長が殺され、現金と腕時計を奪われる事件が発生したが、事件翌日、腕時計を質店に持ち込んだのが、社員の佐原だったのだ。

当時、捜査本部の一員だった明彦は「佐原は“シロ”だ」と主張したが、上層部は全国指名手配を決断。結局、逮捕に至らぬまま、1999年に時効が成立していた。

そんな中、建設現場の作業員として働いていた佐原の所持品の中から、銀座の高級クラブのママ・伊能弥生(片瀬那奈)の名刺が発見された。

事件当日の夕方、近くの防犯カメラに佐原が弥生と口論する姿が映っていたこともわかるが、弥生は「銀座の女は口が堅いんです」と言って一切語らず、大岩と萌奈佳の追及にも動じなかった。

また、佐原の荷物からはもうひとつ、不可思議なものが見つかっていた。なんと“萌奈佳グッズ”が大量にしまいこんであったのだ。佐原は生前、「娘に会いたいが、二度と会えない」と作業員仲間に語っていたという。

もしや、萌奈佳の本当の父は、佐原なのか!? 萌奈佳は苦悩を抱えながらも、34年前と現在にまたがる2つの事件の解明に奔走する。

だが、萌奈佳の出生の秘密をかぎつけた週刊誌記者・島岡義斗(山崎銀之丞)が、執拗に大岩につきまとって来る。

大まかな見どころ

・犯人は?
・大岩一課長は2つの事件すべての謎を解き明かし、親友の娘・萌奈佳を守ることができるのか?
・決死の捜査が、最大の危機と衝撃の展開を招く!!

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
谷中明彦
刑事、18年前(2000年)に謎の転落死を遂げた
萌奈佳の父??、渋谷中央警察署刑事課の元警部補
中村梅雀
伊能弥生
銀座の高級クラブ「アッカバーネ」経営者、伊能多恵の養女
片瀬那奈
島岡義斗
「週刊トップ」記者
山崎銀之丞
佐原佳男
建設作業員、事件被害者、34年前の殺人事件で指名手配
佐渡稔
村本千帆
東京グローバル鉄工 副社長・継雄の妻
葉山レイコ
鶴橋耕司
建設作業員・佐原の同僚
山本龍二
村本康晴
東京グローバル鉄工 前社長・34年前の殺人事件の被害者
坂口芳貞
根津美奈子
谷中の妻・萌奈佳の母・萌奈佳が5歳のとき病死
秋定里穂

クラブ「アッカバーネ」ホステス
比嘉梨乃

34年前の刑事
鈴木信二
村本継雄
東京グローバル鉄工 社長・康晴の息子
大和田伸也

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
大岩純一 (おおいわ じゅんいち)
警視庁捜査一課長。警視正。等身大のヒーロー、理想の上司。
内藤剛志
小山田大介 (おやまだ だいすけ)
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。大岩の右腕となって捜査を進めていく、見つけのヤマさんともよばれている
金田明夫
谷中萌奈佳(やなか・もなか)
警視庁広報課セルフブランディングルーム室長(S3)
幼少期は柔道の国民的スターとして活躍。挫折や人生経験は人一倍豊富で、そこから人間の本質を見抜く力を自然と蓄えてきた稀有な存在。大岩の新たな右腕として捜査を進める新機軸となる。
安達祐実
奥野親道(おくの・ちかみち)
大岩一課長の公用車の運転担当刑事(S3)
元々優秀な刑事だったが、妻の病死後、子育てのためしばらく事務職に移り、再び現場に戻ってきた異色の刑事。主夫経験で得た生活の知恵や女子力を武器に、事件捜査に奔走する。大岩からはブランクというあだ名で呼ばれている。大岩の側近として一課長の苦悩や本音を唯一聞くことができる存在でもある。
塙宣之(ナイツ)
天笠一馬 (あまがさ かずま)
警視庁捜査一課刑事(S2~) ← 大岩が乗る公用車の運転手(S1)。
遊軍刑事として現場の最前線で事件捜査に当たる。事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。
鈴木裕樹
武藤広樹 (むとう ひろき)
警視庁・鑑識課主任。
矢野浩二
笹川健志 (ささがわ たけし)
警視庁刑事部長、大岩の上司。責任を部下に背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。
本田博太郎
大岩小春 (おおいわ こはる)
大岩の妻。娘の死を乗り越え、多忙を極める夫をいつも笑顔で支える。
床嶋佳子

スタッフ

脚本 安井国穂
監督 池澤辰也



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク