> >

『山村美紗サスペンス16 京都・嵐山〜鵜飼い殺人事件!』あらすじ&ネタバレ 宮本真希,高橋かおりゲスト出演

ドラマ『山村美紗サスペンス16 京都・嵐山〜鵜飼い殺人事件!』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2014年8月30日に放送。2018年8月21日(火)にテレ朝で再放送。ゲスト出演は宮本真希,久徳綾香,高橋かおり,阿知波悟美,かでなれおん,村田充,下元年世,泉翔太,高橋幸聖,いわすとおる,七海薫子,野田晋市,宮田圭子,五代高之,楠見薫,勝野洋 他。キャストは藤谷美紀,田村亮,原田龍二,山村紅葉,中野良子,山口竜央,渋谷天外,東根作寿英,及川達郎,高谷恭平 他。

作品の評価:

ドラマ『山村美紗サスペンス16 京都・嵐山〜鵜飼い殺人事件!』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『山村美紗サスペンス16 京都・嵐山〜鵜飼い殺人事件!』あらすじ&ネタバレ 宮本真希,高橋かおりゲスト出演

『山村美紗サスペンス16 京都・嵐山〜鵜飼い殺人事件!』

テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2014年8月30日に放送。2018年8月21日(火)にテレ朝で再放送。

「山村美紗サスペンス 狩矢父娘シリーズ」について

テレビ朝日系で2000年から放送しているテレビドラマシリーズ。原案は山村美紗さん、主演は藤谷美紀さん。狩矢父娘シリーズです。

京都府警捜査一課の警部・狩矢荘助(田村亮)娘・狩矢和美(藤谷美紀)は、編集プロダクション『唐竹企画』の記者兼カメラマンである。夏目利彦(原田龍二)という新聞記者の恋人がいる。

狩矢和美が◎人事件に遭遇、事件の真相を解明すべく恋人の夏目利彦を巻き込んで、父・狩矢荘助の心配をよそに暴走気味な取材を続ける事件を解決していく。

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
狩矢和美
タウン誌出版社「唐竹企画」の記者兼カメラマン
藤谷美紀
狩矢荘助
和美の父親、京都府警捜査一課警部。
田村亮
夏目利彦
京日新聞京都支局記者、和美の恋人。
原田龍二
山野美野里
和美の勤務先の雑誌社「唐竹企画」社長兼編集長。
山村紅葉
狩矢澄江 和美の母親 中野良子
柴田健治 和美の同僚社員 山口竜央
中山清志 美野里の恋人、無職のヒモ 渋谷天外
新木 京都府警捜査一課の刑事(本作のみ出演) 東根作寿英
落合 京都府警捜査一課の刑事(本作から) 及川達郎
田所 京都府警捜査一課の刑事(本作から) 高谷恭平

『山村美紗サスペンス16』について

作品データ

タイトル 山村美紗サスペンス16
シリーズ 16
サブタイトル 京都・嵐山〜鵜飼い殺人事件!
放送時間 (141分)
出演 藤谷美紀,田村亮,原田龍二,山村紅葉,宮本真希,高橋かおり,勝野洋 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2014年8月30日(土) 21:00~23:06 テレビ朝日・土曜ワイド劇場 ****%
2018年8月21日(火) 13:59~15:53 テレ朝・再放送

あらすじ

狩矢和美(藤谷美紀)は、取材のついでに父の狩矢荘助(田村亮)を誘って『仲良し親子で行く京都文化体験ツアー』に参加した。

京都の伝統文化を親子で体験できるツアーで、主催者の倉橋法子(阿知波悟美)のほか、助手の福田千早(宮本真希)が同行していた。千早の本業は衣類や布製品を修理する“おなおし屋”だが、今日は知人の法子を手伝っているという。

ツアーにはクラブママの栗本カオリ(高橋かおり)と客・柏田孝志(下元年世)が親子を装って参加していたほか、弁護士の向井信也(五代高之)女優の娘・(かでなれおん)の姿もあった。

狩矢が途中で仕事に戻らなければならなくなり、ひとり残った和美は、向井とカオリが物陰で激しく言い争うところを見かける。向井は「こんな“招待状”を送りつけて、どういうつもりだ!」と、カオリに怒りをぶつけていた…。

その後、和美たちはツアーのメインイベント、嵐山での鵜飼鑑賞へ。仕事を終えた狩矢も合流し、一行は揃って屋形船に乗り込むが、鵜飼いの幻想的な光景に目を奪われている隙に、向井が突然苦悶し、息絶えてしまう…。

検死の結果、向井の死因は服毒死と判明。向井は死亡する直前、和菓子の名店“浅川堂”のデザートを食べていたことから、鑑識が浅川堂店内を捜索するが、和菓子に毒物を混入した痕跡は一切見当たらなかった。つまり犯人は、法子が浅川堂の店主・浅川庄造(勝野洋)から菓子を受け取ってから、屋形船で客に配るまでの間に、隙を見て毒物を混入したということになる。

しかし法子がデザートを皆に配ったとき、菓子はひとつの箱にまとめて入っていたので、どれに毒物が入っていたかは、誰にも見分けがつかない状態だった。和美は、向井がツアーに参加するきっかけになった“招待状”に注目。向井の秘書に聞くと、向井の元に届いたカードには「判決を下そう」などと記されていたという。

犯人は招待状を送った人物で、最初から向井殺害を企んでいたはずだと考えた和美と夏目利彦(原田龍二)は、犯人のトリックを暴くため、事件を再現しに再び鵜飼いを見にいく。すると思いがけない形で第二の事件が起きる。

注目と見どころ

・犯人は誰?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
登場人物 キャスト
福田千早 法子の助手・おなおし屋店主 宮本真希,幼少期:久徳綾香
栗本カオリ クラブ「カオリ」ママ 高橋かおり
倉橋法子 「仲良し親子で行く京都文化体験ツアー」主催者 阿知波悟美
向井綾 向井の娘・女優 かでなれおん
下平実 元板金工 村田充
柏田孝志 クラブ「カオリ」の客 下元年世
木坂尚太 元高校生・故人 泉翔太,幼少期:高橋幸聖
撮影の助監督 いわすとおる
クレームをつけられる女性 七海薫子
和菓子「浅川堂」従業員 野田晋市
長谷川 恵恩学園 職員 宮田圭子
京洛法律事務所 秘書 楠見薫
向井信也 京洛法律事務所 弁護士 五代高之
浅川庄造 和菓子「浅川堂」店主 勝野洋

スタッフ

原作 山村美紗「長良川鵜飼殺人事件
プロデューサー 関拓也(テレビ朝日),榎本美華(東映)
脚本 守口悠介
監督 上杉尚祺
音楽 藤原いくろう
制作 テレビ朝日,東映


書籍紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください