> > >

『刑事吉永誠一 涙の事件簿7 /不幸を呼ぶ宝石』あらすじ&ネタバレ 馬渕英俚可,丘みつ子ゲスト出演

2時間ドラマ『刑事吉永誠一7 /不幸を呼ぶ宝石』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。2008年10月1日(水)にテレビ東京・水曜ミステリー9で初回放送。2019年7月14日(日)にテレ東・日曜ミステリーで再放送。出演者:ゲスト出演は馬渕英俚可,野村真美,丸岡奨詞,鹿取洋子,杏野さや,石丸謙二郎,山中崇史,神尾佑,鈴木美恵,岡田太郎,宮本大誠,泉知束,黒川博行,丘みつ子 他。キャストは船越英一郎,中山忍,林泰文,河原さぶ,大杉漣,吉満涼太,遠山俊也,長島琢磨,佐藤孝之,稲垣鈴夏 他。キャッツアイ連続殺人事件!死体の口や胃に残る宝石の謎…

作品の評価:

ドラマ『刑事吉永誠一7』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『刑事吉永誠一 涙の事件簿7 /不幸を呼ぶ宝石』あらすじ&ネタバレ 馬渕英俚可,丘みつ子ゲスト出演

『刑事吉永誠一 涙の事件簿7 /不幸を呼ぶ宝石』

2008年10月1日 (水)にテレビ東京・水曜ミステリー9で初回放送。2019年7月14日(日)にテレ東・日曜ミステリーで再放送。

「刑事吉永誠一」について

吉永誠一(船越英一郎)は、神奈川県警の仕事一筋の熱血刑事だが、家族を大切にする愛妻家でもある。そんな吉永誠一の活躍を描くミステリードラマです。

船越英一郎と中山忍が13歳の年の差を感じさせない愛情あふれた夫婦を演じます。

本シリーズ(S7)では、吉永誠一は神奈川県警捜査一課・深町班の刑事(警部補)である。

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
吉永誠一 神奈川県警捜査一課・深町班の刑事(警部補) 船越英一郎
吉永照子 誠一の妻、通称はデコ 中山忍
吉永菜摘 誠一と照子の娘 稲垣鈴夏
(S3~S7)
深町剛男 深町剛男班長(S1,S2,S4~S7) 大杉漣
川崎拓司 神奈川県警捜査一課・深町班の係長(S4S4~S7)、呼称は川さん、暴走しがちな吉永を制する役回り 河原さぶ
小沢慎一 捜査一課・深町班の刑事(巡査部長)(S4S4~S7) 林泰文
文田涼人 深町班の刑事(S4S4~S7) 吉満涼太
(吉満寛人)
後藤誠 深町班の刑事(S4S4~S7)、5人の子を持つ 遠山俊也
水島信吾 鑑識課(巡査) 佐藤孝之
六条鉄馬 鑑識課(巡査) 長島琢磨

『刑事吉永誠一 涙の事件簿7』について

キャッツアイ連続殺人事件!死体の口や胃に残る宝石の謎…

作品データ

タイトル 刑事吉永誠一 涙の事件簿7
シリーズ S7
サブタイトル 不幸を呼ぶ宝石
放送時間 (108分)
概要 ある日、横浜港で全裸男性の水死体が発見される。死体の顔は損傷が激しく、遺留品もないことから身元特定は難航。
出演 船越英一郎,中山忍,丘みつ子,野村真美,河原さぶ,石丸謙二郎,林泰文,神尾佑,馬渕英俚可,大杉漣 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2008年10月1日(水) 21:00~22:48 テレビ東京・水曜ミステリー9 ****
2019年7月14日(日) 14:00~16:00 テレビ東京・日曜ミステリー

あらすじ

ある日、横浜港で全裸男性の水死体が発見される。死体の顔は損傷が激しく、遺留品もないことから身元特定は難航。

唯一の手がかりは、被害者の胃から出てきた宝石“キャッツアイ”だった。

ところが数日後、新たに2つの殺人事件が発生。それぞれの死体は、水死体と同じ宝石を口に含んでいた。

刑事らが、連続猟奇殺人事件として捜査を進める中、宝石密輸疑惑が浮上してきて…。

注目と見どころ

・犯人は誰なのか?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
竹中房枝 竹中の妻 丘みつ子
羽村弘美 外交官の妻・横浜カルチャースクールの生徒 野村真美
原田しのぶ フリーター、健二の妻 馬渕英俚可
竹中隆一 宮城から出稼ぎで上京 丸岡奨詞
湯河原旅館「阿しか里」女将 鹿取洋子
河野啓子 横浜カルチャースクールの生徒 杏野さや
深山秀人 深山画廊の店主 石丸謙二郎
村上光行 画家 山中崇史
山本 裏のブローカー 神尾佑
目黒 村上の借家の大家 鈴木美恵
大野 宝石店店主 岡田太郎
江崎 鎌倉南警察署の刑事 宮本大誠
原田健二 泉知束
男性事務員 黒川博行
(友情出演)

スタッフ

原作 「キャッツアイころがった」(東京創元社)
脚本 田子明弘
監督 赤羽博


原作者の書籍紹介



作品の評価:


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください