> >

『刑事7人3』第10話(最終回)のあらすじ&ネタバレ 山本學ゲスト出演

刑事7人3 第10話「本当の“敵”は誰だ!?戦慄の結末が待ち受ける…衝撃の最終回!」のあらすじ、ネタバレ、放送まとめ。 ゲスト出演は山本學 他。キャストは東山紀之,高嶋政宏,片岡愛之助,倉科カナ,塚本高史,吉田鋼太郎,北大路欣也 他。

作品の評価:

刑事7人3第10話「本当の敵は誰だ!?戦慄の結末が待ち受ける…衝撃の最終回!」のあらすじ、放送データまとめ、ネタバレです。

『刑事7人3』第10話(最終回)のあらすじ&ネタバレ 山本學ゲスト出演

刑事7人3 第10話(最終回)

刑事7人3 第10話について

作品データ

エピソード 10
サブタイトル 本当の敵は誰だ!?戦慄の結末が待ち受ける…衝撃の最終回!
概要 監禁されていた山下を救い、ついに反撃開始!しかし全ての謎が解けた時、衝撃の真実が明らかに…。刑事にとって正義とはー?天樹らの最後の闘いが始まる。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年月日(水) 21:00~22:09 (69分) テレビ朝日 ***%

予告動画(トレーラー)

あらすじ

臨海エリアを裏で牛耳る大地主・馬久根恒義(山本學)の狙撃を次々と試み、天樹悠(東山紀之)ら第11方面本部準備室の面々に阻止された男2人が自◎した。

その後、事件現場となったビルには、第三波として複数の爆弾も仕掛けられていたことが判明する。天樹らは、臨海エリアの利権を狙う謎の人物「御厨」によるテロの可能性を疑う。

その矢先、馬久根が天樹らを呼び出し、ある交渉を切り出す。天樹らが証拠をつかんでいる脱税の罪を認める代わりに、自分を◎そうとした首謀者を掴まえてほしいというのだ。

だが、彼らにとって馬久根は、憎むべき最大の敵。彼のために捜査するのは本意ではない。天樹らは逡巡しながらも、あくまで自分たちの意志で首謀者を洗い出そうと決意する。

まもなく、自殺した狙撃未遂犯たちの身辺から、「御厨」との接点を暗示する証拠が見つかる。だが、ここにきて天樹が首をかしげる。

臨海エリアの利権を狙う勢力が馬久根を◎害しようとする――そこまでは合理的だが、ビルの爆破に関してはどう考えても合理性が見受けられないからだ。この一連の犯罪計画には一体、どんな意味があるというのか?「御厨」の正体も含め、捜査は混迷を極めていく。

そんな中、馬久根が何者かに◎されてしまう。容疑者としてある人物に目を付けた天樹らは、捜査を続行する。

やがて、天樹はそれまで想像すらしなかった驚愕の真相に直面する。

注目と見どころ

・馬久根を◎した犯人は?
・天樹はそれまで想像すらしなかった驚愕の真相に直面
・ラストシーンは?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
馬久根恒義
大地主、臨海エリアを裏で牛耳る
山本學

レギュラー出演者

第11方面本部準備室メンバー

登場人物 キャスト
天樹悠
警視庁捜査一課12係→警視庁機動捜査隊から
東山紀之
沙村康介
正義感が強く情熱的な男、警視庁捜査一課12係の刑事を経て同部署の係長に就任、そこから
髙嶋政宏
山下巧
情報収集が得意、警視庁捜査一課12係の刑事を経て1人の部署である未来犯罪予測センター配属、そこから
片岡愛之助
水田環
帰国子女、警視庁捜査一課12係から
倉科カナ
青山新
所轄の刑事から警視庁捜査一課12係(シーズン2から登場)へ、そこから
塚本高史
片桐正敏
謎が多い男、警視庁捜査一課12係の係長を経て刑事総務課の課長、そして室長となる
吉田鋼太郎
堂本俊太郎
法医学者、東都大学医学部の法医学教室教授、悠の義父
北大路欣也

スタッフ

脚本 真野勝成
監督 及川拓郎



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク