> >

「刑事7人2」最終回(第9話) さよなら天樹悠 山本裕典,吉見幸洋,湯江健幸ゲスト出演

『刑事7人 シーズン2』最終回(第9話)のあらすじ、ネタバレ、作品データまとめ。ゲスト出演は、山本裕典,吉見幸洋,湯江健幸。東山紀之,高嶋政宏,片岡愛之助,鈴木浩介,倉科カナ,塚本高史,吉田鋼太郎,北大路欣也。謎の犯行予告 天樹への挑戦状-!? 連続殺人発生 相次ぐ犠牲者 事件予告をする男にはアリバイがある!

作品の評価:

ドラマ『刑事7人 シーズン2』最終回(第9話)のあらすじ、ネタバレ、作品データまとめです。

警視庁最強のスペシャリスト集団の7人の刑事たちが様々な凶悪事件に立ち向かう物語です。

第9話について

サブタイトル:

謎の犯行予告 天樹への挑戦状-!? 連続殺人発生 相次ぐ犠牲者 事件予告をする男にはアリバイ

天樹たちが辿りついた衝撃の真実とは-!? さよなら、天樹-

放送歴

年月日 放送局 視聴率
2016年9月14日 21:00 ~ 21:54
テレビ朝日 **.*%

予告動画(トレーラー)

スポンサードリンク

あらすじ

アパートで、神社のお守りを手にして死んだ老人の遺体が発見された。警視庁機動捜査隊の刑事・天樹悠(東山紀之)は現場へ急行するが、老人は自◎だったことが判明する。

捜査の必要がなくなった天樹は、覆面パトカーでその場を去ろうとする。と、その時だ。大学院で助手をしていたという青年・山崎晃(山本裕典)が声を掛けてきた。なぜか無線を聴かせてほしいという山崎を、さらりとかわす天樹であった。

ところが次の瞬間、山崎が無線で話す真似をしながら、とある駐車場で大動脈を切られた遺体が発見された旨を話しだした。しかも、その直後にまったく同様の事件が発生したとの無線連絡が入ったのだ!

 被害者はIT企業の社長・藤岡伸行(吉見幸洋)。現場には凶器の出刃包丁が残されていたが、指紋は皆無。天樹はすぐさま山崎の住所を突き止め、署に任意同行するが、山崎は適当な冗談を言っただけで、内容が一致していたのは単なる偶然だと主張する。

一方、捜査一課12係の沙村康介(髙嶋政宏)らは藤岡の会社へ向かう。対応した副社長・和田恒徳(湯江健幸)の落ち着き払った態度に、違和感を覚える。

 その矢先、またしても同じ凶器と手口による事件が起こった。しかもその直後、山崎が署から帰る際に立ち寄ったトイレから、第2の事件の発生時間と場所、死因が書かれた紙が見つかったのだ。

さらには、数カ月前にオンラインショップで同じ型の出刃包丁が4本、同時購入されていたことが発覚する。買ったのが犯人だとすれば、あと2件の◎人事件が発生する可能性が残されている。

 天樹らはすぐさま山崎を署に連行する。ところが、山崎を取り調べている最中に、第3の事件が発生する。しかも、山崎がまたも事件の詳細を聞く前に、その内容を言い当てるのであった。

どう考えても山崎が怪しいが、少なくとも第3の事件に関しては、彼に実行することは不可能だ。

ほかに真犯人がいるのか?それとも、やはり山崎が犯人なのか?だとすれば、そのからくりとは一体!?

天樹らは執念の捜査を続行する。やがて、人間の倫理観を踏みにじる、恐ろしい事件の全容が見えてくる。

注目と見どころ

・犯人は誰なのか?山崎なのか?
・事件のからくりとは一体何か?
・ラストシーン、天樹は?

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
山崎晃
大学院で助手をしていたという青年、容疑者
山本裕典
藤岡伸行
第2の事件の被害者、IT企業の社長
吉見幸洋
和田恒徳
IT企業の副社長
湯江健幸




スポンサードリンク

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
天樹悠
警視庁捜査一課12係から警視庁機動捜査隊に配属。
東山紀之
沙村康介
警視庁捜査一課12係の刑事を経て、同部署の係長に就任、正義感が強く情熱的な男。
髙嶋政宏
山下巧
42歳、警視庁捜査一課12係の刑事を経て、未来犯罪予測センターというたった一人の部署に配属、情報収集が得意。
片岡愛之助
永沢圭太
警視庁捜査一課12係、他部署の潤滑油的存在、7人の中で唯一、空気を読める男。第4話で死亡
鈴木浩介
水田環
警視庁捜査一課12係、帰国子女。
倉科カナ
青山新
所轄の刑事(第1話)から警視庁捜査一課12係(第2話から)へ、刑事としてのキャリアは浅く、ルーキー風の言動と雰囲気を持つ。
塚本高史
片桐正敏
警視庁捜査一課12係の係長を経て、刑事総務課の課長に昇進、謎が多い。
吉田鋼太郎
堂本俊太郎
法医学者、東都大学医学部の法医学教室教授、悠の義父。
北大路欣也

スタッフ

脚本
監督

参考サイト

http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_02/story/0009/
https://ja.wikipedia.org/wiki/刑事7人


作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク