> >

「刑事7人2」第8話 山本未來,下條アトム,神尾佑 ゲスト出演 交錯する2つの事件

『刑事7人 シーズン2』第8話のあらすじ、ネタバレ、作品データまとめ。山中雄輔,遊井亮子,草野康太,山本未來,下條アトム,神尾佑 ゲスト出演。東山紀之,高嶋政宏,片岡愛之助,(鈴木浩介),倉科カナ,塚本高史,吉田鋼太郎,北大路欣也。交錯する2つの事件、浮かび上がる交換殺人、その先の秘密とは?

作品の評価:

ドラマ『刑事7人 シーズン2』第7話のあらすじ、ネタバレ、作品データまとめです。

警視庁最強のスペシャリスト集団の7人の刑事たちが様々な凶悪事件に立ち向かう物語です。

第7話について

サブタイトル:

被害者が遺した最後の告白 同時に起こるもう1つの殺人 渦巻く後継者争い 交錯する2つの事件

浮かび上がる交換殺人-その先の秘密とは?

放送歴

年月日 放送局 視聴率
2016年9月07日 21:00 ~ 21:54
テレビ朝日 **.*%

予告動画(トレーラー)

スポンサードリンク

あらすじ

「俺は…人を…◎した…」缶コーヒーを手にふらふらと路地を歩いていた男が、謎めいた自白の言葉を残して死んだ。男は近くに住む画家・伊吹俊也(山中雄輔)であった。彼の財布にはなぜか大金が入っていた。

事件を担当した警視庁機動捜査隊の刑事・天樹悠(東山紀之)は、さっそく、妻・伊吹響子(遊井亮子)に事情を聴く。彼女の話によると、俊也は自◎も試みるほど長らくスランプで悩んでいたが、最近では元気になり、亡くなった日も本来は一人で旅行に行く予定だったらしい。もちろん、人を◎せるような人間ではなかったそうだ。

2日前の出来事。一族経営の超一流ホテルグループの社長・柳光太郎(草野康太)が、自宅近くの路上で刺◎される事件が起こっていた。実は、同社では2カ月前に前社長も急逝しており、光太郎の妹で副社長の柳静香(山本未來)のもとには、色めき立ったマスコミが殺到した。

捜査一課12係の刑事・沙村康介(髙嶋政宏)青山新(塚本高史)もさっそく柳家へ向かう。

ところが、静香の態度は驚くほどそっけない。なんでも、執事の田沼孝雄(下條アトム)によれば、静香は先代と愛人の間にできた娘で、兄とは仲が悪かったというのだ。そこへ、さらなる同社の暗部が判明する。前社長の死後、一部の役員たちがなぜか社長の運転手・五十嵐正治(神尾佑)を次期社長候補に担ぎ上げ、クーデターを企てていたというのだ!

 そんな中、天樹は俊也が光太郎の◎害に関わった可能性を示唆する証拠を発見する。やがて、複雑な人間関係が絡み合って生まれた交換◎人シナリオの存在が浮上する。ようやく出口が見えかける捜査。ところが、巧妙に組み立てられたシナリオの先には、思わぬ結末が待ち受けていた!

注目と見どころ

・犯人は誰なのか?
・交換◎人シナリオとは何か?
・解決できるのか?

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
伊吹俊也
画家、謎の死
山中雄輔
伊吹響子
画家・伊吹の妻
遊井亮子
柳光太郎
一族経営の超一流ホテルグループの社長、被害者
草野康太
柳静香
光太郎の妹、副社長
山本未來
田沼孝雄
執事
下條アトム
五十嵐正治
社長の運転手
神尾佑




スポンサードリンク

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
天樹悠
警視庁捜査一課12係から警視庁機動捜査隊に配属。
東山紀之
沙村康介
警視庁捜査一課12係の刑事を経て、同部署の係長に就任、正義感が強く情熱的な男。
髙嶋政宏
山下巧
42歳、警視庁捜査一課12係の刑事を経て、未来犯罪予測センターというたった一人の部署に配属、情報収集が得意。
片岡愛之助
永沢圭太
警視庁捜査一課12係、他部署の潤滑油的存在、7人の中で唯一、空気を読める男。第4話で死亡
鈴木浩介
水田環
警視庁捜査一課12係、帰国子女。
倉科カナ
青山新
所轄の刑事(第1話)から警視庁捜査一課12係(第2話から)へ、刑事としてのキャリアは浅く、ルーキー風の言動と雰囲気を持つ。
塚本高史
片桐正敏
警視庁捜査一課12係の係長を経て、刑事総務課の課長に昇進、謎が多い。
吉田鋼太郎
堂本俊太郎
法医学者、東都大学医学部の法医学教室教授、悠の義父。
北大路欣也

スタッフ

脚本
監督

参考サイト

http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_02/story/0008/
https://ja.wikipedia.org/wiki/刑事7人


作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*