> >

『乱反射』(ドラマ 2018年9月)あらすじ&ネタバレ 妻夫木聡,井上真央主演、貫井徳郎原作

スペシャルドラマ・貫井徳郎原作『乱反射』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。テレビ朝日系・スペシャルドラマで2018年9月22日(土)にメ~テレ開局55週年記念ドラマとして放送。キャストは妻夫木聡,井上真央,小岸洸琉,筒井真理子,梅沢昌代,田山涼成,鶴見辰吾,萩原聖人,北村有起哉,光石研,三浦貴大,相楽樹,芹澤興人,原日出子,大鷹明良,堀内敬子,前田亜季,田島令子,大石吾朗,モロ師岡,竹内都子,大塚ヒロタ,吉谷彩子 他。

作品の評価:

妻夫木聡さんx井上真央さん出演のスペシャルドラマ『乱反射』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『乱反射』(ドラマ 2018年9月)あらすじ&ネタバレ 妻夫木聡,井上真央主演、貫井徳郎原作

『乱反射』(テレ朝系スペシャルドラマ 2018年9月)

テレビ朝日系・スペシャルドラマで2018年9月22日(土)にメ~テレ開局55週年記念ドラマとして放送。

ドラマ『乱反射』について

誰も、殺したことに気づいていなかった。幼い命を死に追いやった、法では裁けぬ殺人とは!?複雑に絡み合ったエゴイズムの果てに起こった悲劇―モラルなき現代を暴き出す傑作ミステリーが待望のテレビドラマ化!

地方都市に住む幼児が、ある事故に巻き込まれる。原因の真相を追う新聞記者の父親が突き止めたのは、「誰にでも心当たりのある」小さな罪の連鎖だった。原作は第63回日本推理作家協会賞受賞した貫井徳郎氏の「乱反射」。

作品データ

タイトル 乱反射
放送時間 (113分)
出演 妻夫木聡,井上真央,小岸洸琉,筒井真理子,梅沢昌代,田山涼成,鶴見辰吾,萩原聖人,北村有起哉,光石研,三浦貴大,相楽樹,芹澤興人,原日出子他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2018年9月22日(土)22:15~00:08 テレビ朝日系・スペシャルドラマ
メ~テレ開局55週年記念ドラマ
****%

予告動画(トレーラー)

あらすじ

地方都市に住む家族の加山家の2歳の幼児・翔太(小岸洸琉)が、ある事故に巻き込まれる。

父親で東都新聞社の記者・加山聡(妻夫木聡)は、事故の原因の真相を追う。そして、が突き止めたのは、誰にでも心当たりのある、小さな罪の連鎖だった。

・自らの虚栄心を満たすために、街路樹伐採の反対運動を起こす主婦・田丸ハナ(梅沢昌代)粕谷静江(筒井真理子)
・定年後に家に居場所を無くし、救いを求めて飼っている愛犬のフンを腰が痛いからという理由で始末しない老人・三隅幸造(田山涼成)
・医師としての責任を負うのが嫌で、救急要請を断ってしまうアルバイト当直医・久米川治昭(三浦貴大)
・犬のフンを拾うために公務員になったんじゃないと、仕事を放置した市の職員・小林麟太郎(芹澤興人)
・極度の潔癖症を患い、不潔なものに触れられないことを隠している造園業者・足達道洋(萩原聖人)

……複雑に絡み合ったエゴイズムの果てに、悲劇は起こった。決して法では裁けない「殺人」に、残された家族は沈黙するほかないのか!?

本当は悪いことだとわかっているけれど、目をつむってこっそりする「小さな罪」。誰もがどこかで身に覚えがあるものばかりです。しかし、そんな「小さな罪」が連鎖して積み重なり、2歳の男の子の命が奪われる事故が起こってしまたのです。

聡は、息子・翔太 の死の真相を突き止めようとし、「小さな罪」を働いた人たちに次々に接触していく。しかし、彼らは自分のしたことが「殺人」だとは認めない。

それどころか、なぜ自分が責められなければならないのか、誰もが怒りをあらわにし、追及する聡を逆に非難する。誰も謝罪をせず、誰もが人のせいにし、自分の責任を認めない。責任を追及しようにも、法で裁くことができません。

追い込まれた聡と妻・光恵(井上真央)は、幼い息子を失った悲しみと怒りの矛先を、自分自身に向けていくことを余儀なくされていくのであった。

注目と見どころ

・息子を殺した犯人は誰なのか!?
・ラストシーン

スポンサードリンク

登場人物

被害者の加山一家
登場人物 キャスト
加山聡 東都新聞社の記者、妻・光恵と2歳の息子・翔太と3人暮らし、普段は事件事故を取材する側だが今回は被害者の父親という当事者の立場から真相を探ることになる 妻夫木聡
加山光恵 聡の妻、幼い子どもを育てながら入院中の義父を見舞ったりと忙しい毎日に疲弊しており聡の母と嫁姑の折り合いも悪くなっている 井上真央
加山翔太 聡の息子(2歳)、祖父を見舞った帰りにある事故に巻き込まれる、事件の被害者 小岸洸琉
加害者??
登場人物 キャスト
粕谷静江 ハナから道路拡幅に伴う街路樹伐採の話を聞き、反対運動の中心的人物になっていく 筒井真理子
田丸ハナ 専業主婦、道路の拡幅工事で街路樹が伐採されると聞き、反対運動をしようと考える 梅沢昌代
三隅幸造 定年退職後トイプードルを飼って溺愛している老人
ひどい腰痛で犬のフンの始末に難儀、街路樹の根元に放置。「俺は腰が悪いから、仕方ないよね。」と自分勝手な言い訳を!
田山涼成
久米川治昭 三蔵中央病院の内科医師
夜間救急外来などのアルバイトを掛け持ち。「ただのアルバイトだから」と責任感がない!
三浦貴大
足達道洋 石橋造園土木の社員、樹木医の資格を有する
市の委託を受け街路樹の診断る。「病気なんです。素手で物に触れるのが怖いんです!」極度の潔癖症!!
萩原聖人
石橋忠行 石橋造園土木の社長 鶴見辰吾
小林麟太郎 三蔵市役所道路管理課職員
道路拡幅に伴う街路樹伐採の事前調査中、大量の犬のフンを片付ける羽目になる、「公務員試験に受かってまでやる仕事かこれ」と大不満
芹澤興人
上村育夫 三蔵市役所道路管理課職員、麟太郎の上司 光石研
被害者の味方!?
登場人物 キャスト
海老沢一也 東都新聞社のデスク、聡の上司 北村有起哉
大塚かなえ 東都新聞社の記者、聡の後輩 相楽樹
加山路子 聡の母(59歳)、あまり見舞いに来ない息子の妻・光恵に不満を感じている 原日出子
加山彰 聡の父(64歳)、脳梗塞で倒れ三蔵中央病院に入院中 大鷹明良
その他
登場人物 キャスト
羽鳥恵美 堀内敬子
足達泰代 前田亜季
三隅菊江 田島令子
芦澤真人 大石吾朗
佐々倉研二 モロ師岡
斉木さん 竹内都子
大塚ヒロタ
吉谷彩子

ネタバレ

石橋造園土木の足達、石橋社長、市役所職員・小林、上司の上村を責めるも、誰も謝罪をせず、誰もが人のせいにし、自分の責任を認めない。

聡は、雨の夜に待ち伏せして、アルバイト内科医・久米川に話を聞く、知らないと嘘をつく久米川を責める、口だけでなく、取っ組み合いの喧嘩になる。彼も、他の仲間と同様に、世に不満を持ち、自分の都合で起こした行動であった。「あなたも自分の都合でしている」と言われ、聡は感じた。

妻のバイト先へ行き、今までの自分勝手な行動を謝る。徐々に息子の死を気持ち的に迎えることが出来てきたようだ。夫婦で静かの過ごし始める。

ラストシーン、公園の公衆ゴミ箱へ家庭ごみを捨てる聡であった。息子・翔太が亡くなる前も、この行為はしていた。結局は、大なり小なり、彼も含め現代人は自分勝手に生きているのである。そして、これからも続いていくのである。と感じさせられた。

スタッフ

原作 貫井徳郎「乱反射(朝日新聞出版/朝日文庫)
プロデューサー 太田 雅人(メ~テレ)、松岡 達矢(メ~テレ)、布施 等(MMJ)
脚本 成瀬活雄,石井裕也
監督 石井裕也
音楽 河野丈洋
制作協力 MMJ
制作著作 メ~テレ


書籍紹介



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*