> > >

ドクターX4(2016年)第5話あらすじ&ネタバレ 登場!海老名敬(遠藤憲一)が金沢から来る!

ドクターX4第5話のあらすじ、ネタバレ、見逃し、放送データまとめ。派閥争い パワハラ手術も失敗しないので!!」ゲスト出演は遠藤憲一,横山歩,土屋佑壱。米倉涼子,岸部一徳,内田有紀,生瀬勝久,勝村政信,滝藤賢一,草刈民代,吉田鋼太郎,泉ピン子,西田敏行。外科医・大門未知子「私、失敗しないので」視聴率20.4%!

作品の評価:

ハケンの女が覇権争いに参戦!?
論文盗用事件で絶対王者に君臨する病院長が失脚の危機!?

Docter-X ~外科医・大門未知子~ 第4期(ドクターX4)」第5話(OPE.05)のあらすじ&ネタバレ、放送データなどをまとめています。

ドクターX4 第5話(OPE.05)のまとめ

サブタイトル OPE.05「派閥争い パワハラ手術も失敗しないので!!
キャッチ ハケンの女が覇権争いに参戦!?論文盗用事件で絶対王者に君臨する病院長が失脚の危機!?
概要 格下の大学病院による研究論文がアメリカの医学雑誌に取り上げられ、世界の注目を浴び始めた。東帝大学病院の病院長・蛭間重勝は悔しさのあまり、「前進あるのみ!」と鼻息荒く叫び、医師たちを扇動。

放送歴

放送局:テレビ朝日

初回放送 2016年11月10日(木)21:00~21:54
視聴率:20.4%
再放送 2016年11月17日(木)14:59~

再放送のスケジュールはコチラでまとめています!

予告動画

https://www.youtube.com/embed/BNNQ73aTmcM

スポンサードリンク

第5話 あらすじ

格下の大学病院による研究論文がアメリカの医学雑誌に取り上げられ、世界の注目を浴び始めた。東帝大学病院の病院長・蛭間重勝(西田敏行)は悔しさのあまり、「前進あるのみ!」と鼻息荒く叫び、医師たちを扇動。とにかく論文を書きまくるよう強要する。

だが、論文を書くには症例報告が必要だ。そのため、医師たちは休む間もなく手術を強いられることに。三度の飯より手術が好きな大門未知子(米倉涼子)はこの状況に目を輝かせるが、ほかの医師や看護師たちはどんどん疲弊していく。

 そんな中、外科を凌駕する論文を提出しようと躍起になる内科部長・黄川田高之(生瀬勝久)に、部下の赤井富夫(長谷川朝晴)が斬新な提案をしてきた。

内科の主導で、抗がん剤と免疫療法を併用した新しい外科手術に挑戦してみてはどうか、というのだ。この言葉に黄川田は奮起。だが、果たしてオペに協力する外科医がいるかどうかが問題となる。

 まもなく、新術式を受ける膵臓がんの患者・五島哲夫(土屋佑壱)が、静岡の分院から転院して来る。ついに内科の起死回生を賭けた手術の日がやって来る。ところが…この手術がのちに、「東帝大」ブランドを奈落の底に落としかねない最悪の事態を招くことになる!

さらには、未知子が血相を変える“あってはならない不始末”までもが発覚してしまう。

 一方、ワンマンぶりが加速する蛭間は医局の反発を買い、孤立の一途をたどることになってしまう。そんな蛭間を救おうと、かつての腹心・海老名敬(遠藤憲一)が金沢から駆けつける。

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
海老名敬
国立高度医療センター金沢分院の外科部長。昔から蛭間重勝には頭が上がらず、忠実な腹心として仕えてきた。
遠藤憲一
五島哲夫
膵臓がんの患者。小学生の息子・翔太を男手ひとつで育てている。
土屋佑壱
五島翔太
8歳、五島哲夫の息子。母親がいないため、父・哲夫との絆が強い。
横山歩

みどころ

・最悪の事態とは何か?
・未知子のあってはならない不始末とは何か?
・ラストシーンはどうなる?
・大門未知子の技術料はいくら?

ネタバレ

・論文盗用事件で、絶対王者に君臨していた蛭間院長(西田敏行)に対して、医者全員が、副院長・久保東子(泉ピン子)側につく。蛭間院長に辞表を書くように要求。1日待ってくれという。失脚の危機!?
・ラストシーン、そんな蛭間を救おうとしたのだろうか、海老名敬(遠藤憲一)が金沢から駆けつけた。帰宅するための特急券のチケットを破られ食べられるが、今でも腹心である海老名は「おやかた様」、蛭間院長と抱き合うが・・・病院を出る前に、苦笑いをする。意味ありげなシーンで終わる。
・大門未知子の技術料は3000万円と、高い金額であった。

ドクターX4のレギュラー出演者

登場人物 キャスト
大門未知子(だいもん・みちこ)
40歳 フリーランスの外科医。神原名医紹介所所属、ハケンの女医
米倉涼子
神原晶(かんばら・あきら)
69歳 神原名医紹介所の所長。
岸部一徳
城之内博美(じょうのうち・ひろみ)
37歳 麻酔科医、現在は神原名医紹介所に所属。
内田有紀
黄川田高之(きかわだ・たかゆき)
55歳 東帝大学病院の内科部長。尊大な態度で部下を支配下に置き、御意軍団を形成している。
生瀬勝久
加地秀樹(かじ・ひでき)
52歳 東帝大学病院の外科医・准教授。腕がいいが金に超汚い!
勝村政信
北野亨(きたの・とおる)
42歳 東帝大学病院の外科医、スーパードクター。帰国には、何か目的が・・・。
滝藤賢一
原守(はら・まもる)
金沢から戻ってきた外科医、東帝大学病院の外科医になる(第4話より
鈴木浩介
南幾子(みなみ・いくこ)
48歳 東帝大学病院の広報部長。政財界にも顔が広い!
草刈民代
萬田康介(まんだ・こうすけ)
44歳 東帝大学病院の外科医局員。
瀧川英次
赤井富夫(あかい・ふじお)
44歳 東帝大学病院の内科医局員。内科部長・黄川田高之の腰巾着。
長谷川朝晴
白水里果(しろみず・りか)
26歳 東帝大学病院」病院長・蛭間重勝の秘書。金とステイタスが大好き、病院長・蛭間を手玉に取る魔性の女。
田中道子
西園寺猛司(さいおんじ・たけし)
57歳 東帝大学病院の外科部長。女好き、状況判断力と危険察知能力が高い。
吉田鋼太郎
久保東子(くぼ・とうこ)
65歳 東帝大学病院の新副院長。前院長・久保茂の妹。自分勝手!
泉ピン子
蛭間重勝(ひるま・しげかつ)
65歳 東帝大学病院の新病院長。未知子に対し、積年の恨みを抱いている。
西田敏行
ナレーター 田口トモロヲ

スタッフ

脚本 林誠人
演出 田村直己

作品の評価:

スポンサードリンク

1 Comment on ドクターX4(2016年)第5話あらすじ&ネタバレ 登場!海老名敬(遠藤憲一)が金沢から来る!

  1. ドクター◎◎X // 2016年11月10日 at 23:47 // 返信

    海老名はラストシーンに登場だったんだね。
    来週から原守同様にレギュラーになるんだね。

     

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク