> > >

『ドクター彦次郎3』(2017年8月)あらすじ&ネタバレ 藤真利子,遊井亮子ゲスト出演

ゲスト出演は本田博太郎,藤真利子,遊井亮子,村上新悟,西田健,仲村瑠璃亜,岡雅史,佐渡山順久,山本道俊,お宮の松,二宮輝生 他。キャストは寺島進,戸田恵子,宇梶剛士,黒谷友香,鷲尾真知子,田村友里,二宮星 他。

作品の評価:

ドラマ『ドクター彦次郎3』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『ドクター彦次郎3』(2017年8月)あらすじ&ネタバレ 藤真利子,遊井亮子ゲスト出演

ドクター彦次郎3(2017年8月 日曜ワイド)

テレビ朝日・日曜ワイドで2017年8月200日に放送されます。

「ドクター彦次郎」について

テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2015年から放送されているテレビドラマシリーズ。主演は寺島進さん。

京都・東山にある小さな医院の医師の大藪彦次郎(寺島進)は、屋台のタコ焼き店主から転身した変わりダネである。院長を務める義姉・内倉享子(戸田恵子)の下、急患の知らせがあれば、お手製の救急自転車に乗って駆けつける破天荒キャラだが、医者としての腕は確かで、街の人々からは彦ちゃんと呼ばれて親しまれている。

主な登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
大藪彦次郎
京都・東山にある小さな医院の医師
寺島進
内倉享子
院長、彦次郎の義姉
戸田恵子
後白河孝麿 京都府警捜査一課刑事 宇梶剛士
小川志乃 彦次郎の馴染みの女将 黒谷友香
後白河静子 孝麿の母 鷲尾真知子

『ドクター彦次郎3』について

作品データ

タイトル ドクター彦次郎3
シリーズ 3
サブタイトル
放送時間 (126分)
出演 寺島進,戸田恵子,宇梶剛士,黒谷友香,本田博太郎,藤真利子,遊井亮子,西田健 他

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年05月14日(日) 10:00~11:50 テレビ朝日・日曜ワイド ***%

あらすじ

ある日、医師・大藪彦次郎(寺島進)は、なじみの老舗旅館女将・小川志乃(黒谷友香)と薬草を取りに嵐山の深い木立に入った。そこで、激しい雷雨に遭遇する。近くで雷鳴が轟いた直後、木の下で雷に打たれて倒れた男性の遺体を発見した。

その半年後、彦次郎は突然、京都府警刑事の後白河孝麿(宇梶剛士)に◎人事件の重要参考人として連行されてしまう。

彦次郎の診療所に通う糖尿病患者・岩崎裕二(佐渡山順久)が、処方薬を飲んだ直後にアシドーシス(酸性血症)を起こして死亡したというのだ。しかしその日、彦次郎が処方したのは危険な作用を起こす薬ではなく、単なるハーブだった。何者かが隙を見て、薬をすり替えたとしか思えない・・・。

すぐに疑いは晴れて彦次郎は釈放されるが、奇しくも死んだ裕二は半年前に彦次郎が遺体を発見した男性・岩崎宗一郎(山本道俊)の弟で、料亭岩崎の跡取りだった。また、現場からは犯人に付着していたと思われる、イグサの破片が採取されていたとわかる。

料亭岩崎は現在、社長の岩崎正宗(西田健)女将の靖代(藤真利子)が取り仕切っており、本来ならば長男の宗一郎が後を継ぐ予定だった。

だが、宗一郎の落雷死、そして次男の裕二も毒◎されてしまった今、跡取りは宗一郎の忘れ形見である小学生の息子・大地(二宮輝生)しかいない。

そんな状況の中、宗一郎と裕二の妹・梨田塔子(仲村瑠璃亜)その夫・(岡雅史)は、大地が本当に宗一郎の息子なのかDNA鑑定を受けさせるよう、宗一郎の未亡人・真理子(遊井亮子)に迫っていた。

その矢先、大地が激しい腹痛を訴え、彦次郎が診察したところストレスからくる胃痛と判明する。彦次郎は、大人の都合でDNA鑑定を強要し、繊細な年頃の大地を苦しめた塔子たちに怒りをぶちまける。

だが、その直後、彦次郎がもたらしたヒントから、なんと宗一郎は事故死ではなく落雷死に見せかけた他◎である可能性が浮かび上がる!

注目と見どころ

・事故死を装って長男・宗一郎を◎害したのは誰なのか?
・次男・裕二を毒◎した犯人は誰?
・彦次郎が医師としての視点からどのように、複雑な事件の真相を解き明かすのか?

スポンサードリンク

主な登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
本田博太郎
岩崎正宗 料亭岩崎の現社長 西田健
岩崎靖代 料亭岩崎の女将 藤真利子
岩崎宗一郎 料亭岩崎の長男、半年前に雷に打たれて死亡? 山本道俊
岩崎裕二 料亭岩崎の次男で跡取り、処方薬を飲んだ直後に死亡、彦次郎の診療所に通う糖尿病患者 佐渡山順久
岩崎大地 宗一郎の息子、小学生 二宮輝生
岩崎真理子 宗一郎の未亡人、大地の母 遊井亮子 梨田塔子 裕二の妹、料亭岩崎の長女 仲村瑠璃亜 梨田実 塔子の夫 岡雅史 村上新悟 お宮の松

スタッフ

プロデューサー 関拓也(テレビ朝日),榎本美華(東映)
脚本 安井国穂
監督 吉田啓一郎



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク