> >

トランスポーター ザ・シリーズ 第7話「冷たい手(Give the Guy a Hand)」

トランスポーター ザ・シリーズ第7話 冷たい手(Give the Guy a Hand)」。フランクがトロントの刑務所へ打ち込まれた!依頼品はいつもワケありのプロの運び屋フランク・マーティン(クリス・ヴァンス)の活躍を描く!テッド・アザートン,サラ・アレン,ウィリアム デヴリーがゲスト出演。

作品の評価:

トランスポーター ザ・シリーズ(Transporter: The Series)第7話「冷たい手」。

フランクがカナダ・トロントの刑務所へ打ち込まれた!

トランスポーター-TV-第7話-冷たい手

2012年のテレビドラマ「トランスポーター ザ・シリーズ」です。依頼品はいつもワケありのプロの運び屋トランスポーターのフランク・マーティンの活躍を描く!クリス・ヴァンスが主役フランク・マーティンを演じます。 毎回ゲスト出演の女優が見せるお色気シーンにも注目!

第7話「冷たい手」

作品データ

サブタイトル 冷たい手
原題 Give the Guy a Hand

放送

年月日 放送局・番組
2015年12月15日(火) 12:40 ~ 13:35 テレビ東京・ランチチャンネル

ストーリー(概要)

今回もカナダ・トロントが舞台。まだまだフランスへ帰らないようだ。トランスポーターのフランク・マーティン(クリス・ヴァンスに、トロントの建設業界の大物から依頼が舞い込んだ。

しかし荷物の受け渡し場所が突然変更したり、約束の時間を越えても誰も現われなかったりと、スムーズに仕事が進まない。

それどころかフランクは突然濡れ衣を着せられ逮捕、刑務所送りとなってしまう。いつの間にか罠にハメられていたと激昂するフランクだが、その裏には土地開発をめぐる血なまぐさい争いが絡んでいたのだ。

ネタバレ

あらすじ

2012年、トロントの建設ブームにより、カナダ第1四半期の雇用者数が大幅に増加している。そんな中、建設会社アダム・スミス社が市街地を占有。歴史的建造物の売却をライバル会社が拒否したと、ニュースで話題となっている。

工事により道路が渋滞。フランクはレンタカーのAudi A8でトロントの道路を運転中。車のトラブルだろうか?路上で、美女とレッカー車の運転手が言い争うをしている。フランクは車を止め、そこへ行く。

悪徳業者ようで、車のトラブル內容を見づに、1000US$でレッカーしようとしている。暴力でフランクを脅す男を倒し、メカニックのディーターのアドバイスで車を直すフランク。ディーターは、自分への感謝の気持ちもなく、美女をゲットしたフレンクに対して不満を持つ。

受け取りの場所で依頼品を待つフランクの元に、テニスボールをいじる男が寄ってきた。彼は依頼品を持って来たのではなく、金をたかりに来たようだ。2US$だったが、5US$を要求。金を貰い、「ハヴァナイスデー(Have A Nice Day よい一日)は幸運の言葉ではない」という言葉を残して去った。何だったのだろう?

カーラと連絡、受け取り場所に運び屋がいないと言う。フランクは受け取り場所を間違えていない。

フランクは嫌な予感から、取引きを中止すると言うが、カーラは、積極的のようだ。理由は、フランスは危険、カナダ・トロントで市場開拓をするため。今回の依頼人は大物。 カーラは、タルコニ警部と定期的に連絡を取っているようた。フランスが危険、フランクを守るためだ。 フランクは「自分で守れる」と断言する。

カーラはなれない場所なので間違ったかもと言い、新しい場所の情報をフランクに送る、「Have A Nice Day」という言葉と共に。

ゲスト出演者

登場人物 キャスト 日本語吹替
ライダー
トロントの刑事
ウィリアム デヴリー
William deVry
スタンウィック
トロントの刑事
テッド・アザートン
Ted Atherton
アダム・スミス
建設会社アダム・スミス社の社長

オフィーリ
ライバルの建設会社の女社長
サラ・アレン
Sarah Allen
オフィーリの父
オフィーリの叔父
テニスボールをいじる男
5US$せびった男

重い荷物を持たせたおじさん
子連れ、50US$くれようとした男

黄色いアメ車の運転手
ガムテープと手が結ばれていた

スポンサードリンク

ネタバレ

新しい受け渡し場所へ着くフランクの前に、子連れのおじさんが現れた。大きな重い荷物を彼の車に入れてくれという手伝いをさせられる。フランクは彼の車へ積み込むと、お礼に50US$を渡されるが、いらないとそれをおじさんの財布へ返す。 おじさんは車で去る時に、「パッシングする車が来るので、それに着いて行け」と指示を受ける。

少しすると、パッシングしてくる黄色いアメ車が登場。運転手の手とハンドルがガムテープで結ばれている。その運転手は猛某ダッシュで車を走らす。それにフランクも着いて行く。彼を狙っていたのだろうか?車数台に囲まれる。バトルの末、黄色クルマは横転してしまう。

運転手を助けるために、フランクは車を降り、ナイフで手とハンドル結ぶガムテープを切る。運転手は逃げる。そこへ集団の男たちが寄ってきて、フランクは捕まってしまう。見に覚えのない殺人容疑で・・・。どうやら、男たちはトロント警察の刑事のようだ。

大まかな見どころ

・フランクは刑務所から出れるのか?
・お色気シーンはあるのか?
・黒幕は誰?



レギュラー出演者

登場人物 キャスト 日本語吹替
フランク・マーティン
フリーランスの運び屋。元SAS(イギリスの特殊部隊)所属
クリス・ヴァンス
Chris Vance
藤原啓治
タルコニ警部
ニース警察の刑事、フランクの友人で良き理解者
フランソワ・ベルレアン
François Berléand
小島敏彦
カーラ・ヴァレリ
エージェント、フランクに指示する女
アンドレア・オスヴァルト
Andrea Osvárt
松浦裕美子
ディーター・ハウスマン
メカニック
チャーリー・ヒュブナー
Charly Hübner
仗桐安

作品の評価:

Leave a comment

Your email address will not be published.


*