> >

トランスポーター ザ・シリーズ 第6話「ブラッド・ダイヤモンド(Hot Ice)」

トランスポーター ザ・シリーズ第6話 ブラッド・ダイヤモンド(Hot Ice)」。カナダ・オンタリオ州トロントが舞台。資産家の特大スクープを運ぶフランクが命を狙われる!依頼品はいつもワケありのプロの運び屋フランク・マーティン(クリス・ヴァンス)の活躍を描く!フランソワ・ベルレアン,アンドレア・オスヴァルト,デルフィーヌ・シャネアック出演。

作品の評価:

トランスポーター ザ・シリーズ(Transporter: The Series)第6話「ブラッド・ダイヤモンド」。

カナダ・オンタリオ州トロントが舞台。資産家の特大スクープを運ぶフランクが命を狙われる!

トランスポーター-TV-第6話-ブラッド・ダイヤモンド

2012年のテレビドラマ「トランスポーター ザ・シリーズ」です。依頼品はいつもワケありのプロの運び屋トランスポーターのフランク・マーティンの活躍を描く!クリス・ヴァンスが主役フランク・マーティンを演じます。 毎回ゲスト出演の女優が見せるお色気シーンにも注目!

第6話「ブラッド・ダイヤモンド」

作品データ

サブタイトル ブラッド・ダイヤモンド
原題 Hot Ice

放送

年月日 放送局・番組
2015年12月14日(月) 12:40 ~ 13:35 テレビ東京・ランチチャンネル

ストーリー(概要)

カナダ・オンタリオ州トロントにある世界的に有名な警備会社。トランスポーターのフランク・マーティン(クリス・ヴァンスへの依頼は、そこにある厳重警備された金庫から荷物を運び出してほしいという內容。

受け取った品は一見ただの金属の塊にしかみえないが、実は内部に資産家イオン・オサリヴァンに関する特大スクープが隠されていた。

スキャンダル発覚の恐れに気付いたオサリヴァンは、情報を揉み消そうとフランクのもとに刺客を送り込むのであった。

ネタバレ

オンタリオナンバーのAudi A8に乗るフランク。駐車場内で、むちゃくちゃな運転。レンタカーのAudi A8の性能テストを実施している。

フランクはタングステン警備会社へ行き、厳重警備された金庫からメガネケースのような金属ケースを受け取る。警備会社の警備室には、仕事に真面目な女性警備員リーダーのダーシー・ダニエル(DD)と、仕事よりもアイスホッケーに興味津々でテレビ中継を見ている2人の警備員がいる。

オサリヴァンは我がままな資産家。妻のヘザー・オサリヴァンは市長の妹、彼女は、夫のオサリヴァンに不満を持っているような感じである。その日は、オサリヴァンの息子マーカス・オサリヴァンは父の力を使いアイスホッケーチームのダイヤモンズのセンターで試合に出場している。オサリヴァンは、その試合を妻と一緒に見に行く。妻の兄の市長も試合に招いている。

試合会場で、市長はオサリヴァンに告げる。「君の元部下のギャラガーが、トロント・スター紙に記事を書くから用心しろ」と・・・どうやら、ギャラガーという男はオサリヴァンに関する特大スクープを持っているようだ。

オサリヴァンは、手下たちが偽警備員になり警備会社へ侵入させる。フランクから金属ケースを奪い、終わったら始末しろと命令する。部下はオサリヴァンの始末しろという命令に対し、「あなたは殺したい奴が多すぎる」と言う。意味ありげな言葉である。

ダーシーは、本日、アイスホッケーに行く予定の部下の警備員を、仕事を早引きさせる。偽警備員は、電源システムを一部を切断。その異変に気がつき、入口の警備員と帰社中の警備員は、偽警備員にヤラれします。カギを奪われ、社内へ侵入されてしまう。

フランクは、すれ違う偽警備員が怪しいと気がつき、襲われ銃撃戦となるがなんとか倒す。そこへ女性警備員ダーシーがやってくる。フランクが怪しいと思われ、争い中に手錠をかけられる。

しかし、本当の悪人がフランクではないことがわかる。しかし手錠のカギを紛失してしまい、2人は手錠で結ばれたまま、社内を逃げることに。唯一の仲間だった警備室の警備員もヤラれてしまう。2人は、歯科室へ侵入し、器具で手錠を切断しようと試みるが、うまくいかない。そして、敵に見つかってしまう。

敵のリーダー格レオンは、凄い刃物を武器としている。彼との戦いの最中に、刃物が手錠の鎖を切ってくれた。ダーシーは逃げて、警報機を鳴らす。フランクは戦いを続けるが、警報機がなったため戦いは中断となる。

その後、逃げずに、立ち向かったダーシーは、敵に捕まってしまう。偽警備員は駆けつけた警官たちにフランクが犯人に仕立てあげ、その場を逃げ去る。金属ケースは奪うため、車Audi A8で逃げるフランクをダッチチャージャーで2台で追う。見せ場となるカーバトルが繰り広げられる。バトルの末、ダッチチャージャー2台が潰れて、フランクはその場を逃げ切る。

ゲスト出演者

登場人物 キャスト 日本語吹替
ダーシー・ダニエル
女性警備員
キャサリン・ウィニック
Katheryn Winnick
イオン・オサリヴァン
資産家、スキャンダル問題を抱えている
ジェームス・マクゴーワン
James McGowan
マーカス・オサリヴァン
オサリヴァンの息子、アイスホッケーの選手
エリス・ターナー
Ellis Turner
ヘザー・オサリヴァン
オサリヴァンの妻、夫に不満がある感じ・・・
クリスティン・ティザード
Christine Tizzard
市長
ヘザーの兄

レオン
オサリヴァンの部下、偽警備員、鋭い刃物を武器にする
デモア・バーンズ
Demore Barnes
ショーン・ギャラガー
オサリヴァンの元部下、オサリヴァンに関する情報を持っているようだ

スポンサードリンク

大まかな見どころ

・金属ケースの中身は?
・オサリヴァンの妻ヘザーが最後にとる行動は・・・
・ショーン・ギャラガーという男は何者?
・お色気シーンは?

ネタバレ

依頼品は受け取ったが、送り先が不明。カーラの命令もあり、フランクは、ルールを破り、中身を見る。じつは既に見ていた。中身は、ICカード(SIMカード)とダイアモンドであった。今回のAudi A8はレンタカーであるが、愛車同様に、最新機器が装備されている。ICカードを車のナビのスクリーン下のポートに入れて、カーラに解析させる。

カードの持ち主は、ショーン・ギャラガー、ヨーグヴィルユニオン通り514 2230号室にいるとわかる。そこへ行くが、誰もいない。部屋は荒らされ、床には血痕がある。何者かにギャラガーはヤラれたのだと想像がつく。

机の上に、GPB鉱業社長イオン・オサリヴァンの名前が書かれた設備納入契約書があった。カーラへ連絡、アクセス不能だったICカードのデータがわかった。オサリヴァンに関する新聞ネタであった。オサリヴァンは、アフリカでダイヤモンド採掘をしている。表向きは採掘設備の納入だが・・・善人ではないようだ。

ギャラガーは、トロント・スターの記者である。「今は元記者だな。」というフランクの言葉(笑)。オサリヴァンの悪事を証明する動画もICカード内に存在した。

フランクは、オサリヴァンに連絡を取り、オサリヴァンに会いにアイスホッケーの会場へ向う。ダーシーを助け、ダーシーを使って、アイスホッケーの会場のスクリーンへICカード内にあるオサリヴァンの悪事の動画を流すよう指示する。

オサリヴァンは、ヘマをした部下を起こるが、最後は部下に裏切られる。フランクは、試合が開催されているリンク側にいるオサリヴァンを見つけ、殴り合いが始まる。戦いはスケートリンク内へ乱入、選手たちも試合を辞め相手と殴り合いが始まる。

そこに、例の悪事の動画が流れる。会場内にオサリヴァンの批判の声が少し飛び交う。映像は真実ではないと主張するオサリヴァン。不満が爆発したのだろう妻が、「映像はすべて真実だ、おあなたはモンスターだ!」と発言して、ブーイングとなる。最後は息子マーカスにも見捨てられる。 なぜかダーシーは涙目を見せる。オサリヴァンは悪人ではあるが、彼に同情したのだろうか?

警察に連行されるオサリヴァンの横で、ダーシーに口説かれているフランク。強い男は格好良いですね。

一方、フランクのフランスの住まいが、謎の女ジュリエット・デュボアに侵入される。武器を発見されるが、何故かジュリエットはフランクのベッドで意味ありげな懐かしさを感じるシーンを見せる。

今回のお色気は、オサリヴァンの部下たちが、警備会社へ侵入の待機中の部屋で見ているテレビで踊る女でした。派手なお色気はヘザー(クリスティン・ティザード)かダーシー(キャサリン・ウィニック)かと期待していましたが。

タルコニ警部、メカニックのディーターは登場なし。



レギュラー出演者

登場人物 キャスト 日本語吹替
フランク・マーティン
フリーランスの運び屋。元SAS(イギリスの特殊部隊)所属
クリス・ヴァンス
Chris Vance
藤原啓治
カーラ・ヴァレリ
エージェント、フランクに指示する女
アンドレア・オスヴァルト
Andrea Osvárt
松浦裕美子
ジュリエット・デュボア
突然現れた謎の美女、フランクの隣人
デルフィーヌ・シャネアック
Delphine Chanéac
長尾明希
タルコニ警部
ニース警察の刑事、フランクの友人で良き理解者
フランソワ・ベルレアン
François Berléand
小島敏彦
ディーター・ハウスマン
メカニック
チャーリー・ヒュブナー
Charly Hübner
仗桐安
カテリナ・ボルジュ
ヴィオランテ・プラシド
Violante Placido

作品の評価:

Leave a comment

Your email address will not be published.


*