> >

ドラマ『ごめん、愛してる』(2017年)初回~最終回 あらすじ&ネタバレ 長瀬智也,吉岡里帆,坂口健太郎,大竹しのぶ出演

ドラマ『ごめん、愛してる』(2017年)初回から最終回 あらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめ。第3話「俺に子守唄を歌ってくれないか」TBS・日曜劇場で2017年7月9日から放送。キャストは長瀬智也,吉岡里帆,坂口健太郎,大竹しのぶ,大西礼芳,大智,山路和弘,草村礼子,六角精児,,中村梅雀,池脇千鶴 他。

作品の評価:

ドラマ『ごめん、愛してる』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。

『ごめん、愛してる』初回~最終回 あらすじ&ネタバレ 長瀬智也,吉岡里帆,坂口健太郎,大竹しのぶ出演

TBS・日曜劇場で2017年7月9日から放送されます。

『ごめん、愛してる』について

過酷な運命を背負いながらも、愚直に愛を求めていく主人公・律(長瀬智也)。男と女、母と子、2つの三角関係が交錯する、この夏一番切ない愛の物語。

作品データ

タイトル ごめん、愛してる
出演 長瀬智也,吉岡里帆,坂口健太郎,大竹しのぶ,大西礼芳,大智,山路和弘,草村礼子,六角精児,中村梅雀,池脇千鶴 他

放送歴(TBS・日曜劇場 2017年)

年月日 サブタイトル 視聴率
1 7月09日 21:00~22:19 命をかけた片想い 09.8%
2 7月16日 21:00~22:09 母への愛と憎しみ 10.0%
3 7月23日 21:00~21:54 俺に子守唄を歌ってくれないか 09.5%
4 7月30日 21:00~21:54 迫り来る別れの時 09.2%
5 8月13日 21:00~22:04 もつれ出す人間模様…彼女だけが 光だった!! 09.4%
6 8月20日 21:00~22:04 兄に訪れた束の間の幸せ…弟に迫る悲劇の足音! 09.5%
7 8月27日 21:00~22:04 この想いに嘘はつけない! 命のはざまで揺れる恋 08.0%
8 9月03日 21:00~22:04 奇跡が起こる…希望と絶望の果てに出した答えは? 09.2%
9 9月10日 21:00~22:04 最終章! お前は俺の弟だ…明かされる全ての因縁 09.8%
10 9月17日 21:00~22:04 最終回! 出逢えて良かった… 生まれてきて良かった ***%

あらすじ

最終回(第10話) あらすじ

体調が悪化するのを感じた(長瀬智也)は、凜華(吉岡里帆)を悲しませたくないという思いから若菜(池脇千鶴)(大智)を連れて塔子(大西礼芳)の別荘に身を潜める。

一方、凜華は父・恒夫(中村梅雀)から律の命が長くない事を聞き、律が姿を消した意味を悟る。

自分が死んだら心臓はサトル(坂口健太郎)に、そんな約束を改めて律は、麗子(大竹しのぶ)とした。

ところが、病院を抜け出したサトルが律の前に現れる。サトルは、心臓をくれるという律に真意を問いただす。律はサトルに秘密を打ち明けるが、サトルもまた、秘密を抱えていた。

スポンサードリンク

登場人物

登場人物 キャスト
岡崎律(おかざき りつ) 長瀬智也
三田凜華(みた りんか) 吉岡里帆
日向サトル(ひゅうが さとる) 坂口健太郎
日向麗子(ひゅうが れいこ) 大竹しのぶ
古沢塔子(ふるさわ とうこ) 大西礼芳
河合魚(かわい さかな) 大智
黒川龍臣(くろかわ たつおみ) 山路和弘
立花さと子(たちばな さとこ) 草村礼子
加賀美修平(かがみ しゅうへい) 六角精児
河合若菜(かわい わかな) 池脇千鶴
三田恒夫(みた つねお) 中村梅雀

第1話「命をかけた片想い」あらすじ

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。

そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凜華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる。

ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。

しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿であった。

裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凜華と再会する。凜華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた。

第2話「母への愛と憎しみ」あらすじ

母親・麗子(大竹しのぶ)がサトル(坂口健太郎)を溺愛し、裕福な暮らしをしている姿を目の当たりにした律(長瀬智也)。ジャーナリストの加賀美(六角精児)は律の父親の正体と、麗子が律を捨てたいきさつを吹き込み復讐を唆す。
 そんな折、律は凜華(吉岡里帆)からサトルの運転手の仕事を紹介される。凜華はなにかと日向家に姿を見せる律に、ソウルで助けてもらった恩を返そうと考えていた。

第3話「俺に子守唄を歌ってくれないか」あらすじ

律(長瀬智也)と娘・凜華(吉岡里帆)が親しくなっていく様子に不安を覚える凜華の父・恒夫(中村梅雀)。律が持っているサファイアのリングを見かけ、思い当たることがあったのだ。律をサトル(坂口健太郎)の運転手兼ボディーガードにするという麗子(大竹しのぶ)に止めるよう進言するが、麗子は聞き入れない。
 一方、サトルは片思いだったサックス奏者・塔子(大西礼芳)と上手くいきそうな雰囲気。彼女にプロポーズをしたいと、凜華に手伝いを頼み・・・。

第4話「迫り来る別れの時」あらすじ

(長瀬智也)凜華の父・恒夫(中村梅雀)に怪しまれていることに気づく。

母・麗子(大竹しのぶ)の傍にいることを改めて誓う律。しかし律の身体にはすでに異変が出始めていた。

一方、サトル(坂口健太郎)塔子(大西礼芳)の姿を見ることが辛くなった凜華(吉岡里帆)は、サトルをあきらめるために付き人を辞めてアメリカへ留学することを考え始める。

そんな時、サトルを狙ったあるゴシップ記事が出てしまい、凜華は付き人を辞めることを決意する。

第5話「もつれ出す人間模様…彼女だけが 光だった!! 」あらすじ(10分拡大)

律(長瀬智也)若菜(池脇千鶴)(大智)と一緒に暮らし始めた凜華(吉岡里帆)

律は、今までになく心が落ち着いている自分を感じていた。そんなとき、若菜が仕事を失う事態に。

働きたい、と訴える若菜を見て、凜華は彼女を日向家で雇い入れることを提案する。律は渋い顔だ。

そして若菜から律について聞いた恒夫(中村梅雀)は、律があの時の子供だと確信する。

一方、サトル(坂口健太郎)塔子(大西礼芳)が婚約する。その婚約パーティーで麗子(大竹しのぶ)はピアノを弾くことになる。

第6話「兄に訪れた束の間の幸せ…弟に迫る悲劇の足音!」あらすじ

日向麗子(大竹しのぶ)の隠し子疑惑が報道され、日向家にマスコミが殺到する。

困惑する麗子を守るため岡崎律(長瀬智也)は報道陣を相手に暴れる。世間に律の存在が明るみになる事を恐れた三田恒夫(中村梅雀)は、律を納戸に閉じ込める。

麗子は自らのスキャンダルで日向サトル(坂口健太郎)の将来に悪影響を与えてはならないと思い、記者会見ですべてを語ることにする。三田凜華(吉岡里帆)と会見の模様を見た律は、麗子の告白を聞く。

一方、婚約したサトルと古沢塔子(大西礼芳)は旅行へ向かう。そこで、塔子は今まで明かさなかった父親の存在をサトルに教える。

闘病中の父親はまもなく亡くなり、塔子はサトルの前から姿を消す。

第7話「この想いに嘘はつけない! 命のはざまで揺れる恋」 あらすじ

交通事故を起こし生死を彷徨う日向サトル(坂口健太郎)

取り乱した母・麗子(大竹しのぶ)は、理不尽にもサトルの運転手である岡崎律(長瀬智也)を責め立てる。

そして、サトルが事故を起こした時間に律と一緒にいた三田凜華(吉岡里帆)は、サトルから救いを求める着信に気付いてあげられなかったことに自責の念を抱く。

その後、サトルの意識は戻るものの、医師からは将来的に心臓移植の必要性がある事を告げられる。

麗子からサトルの傍にいるように言い付けられた凜華は、必要とされることに喜びを抱く反面、律への思いは膨らむばかりだった。そんな中、律は医師から銃弾を受けた脳の症状が悪化していると診断される。

第8話 あらすじ

(長瀬智也)の元に韓国にいたときの仲間・ビョンチョル(成河)から連絡が入る。若頭の(イ・スヒョク)が撃たれたというのだ。

その報復のために戻って来てほしいと頼まれるが、かつて組織に使い捨てにされた律はその判断に迷う。しかし、律の脳の手術が可能な名医を探し出したと告げられ、生きられる希望を持った律は韓国行きの意思を固める。

一方、麗子(大竹しのぶ)凜華(吉岡里帆)サトル(坂口健太郎)との結婚を勧める。

しかしあまりにも突然の提案で、律への思いを断ち切れない凜華は、サトルから必要とされる気持ちを受け止められずにいた。

そんな中、律と凜華の関係を気にするサトルは、若菜(池脇千鶴)の家を訪ねる。そこには律の帰りを待つビョンチョルの姿があり、サトルはビョンチョルから衝撃の事実を告げられる。

第9話 あらすじ

サトル(坂口健太郎)がまた倒れ、予断を許さない状況に。(長瀬智也)は落ち込む凜華(吉岡里帆)に、サトルのために自らの心臓を差し出す、と話す。

凜華はそんな突拍子もない考えを信じようとしないが、麗子(大竹しのぶ)は律にその本心を確かめようとする。そこで麗子は思ってもみなかったことを律から聞かされる…。

目を覚ましたサトルは、凜華に結婚を申し込む。律を想っている凜華は気持ちの整理がつかず、加えて律がサトルに心臓をやるといったことも気になり始め、律のもとへと向かう。

スタッフ

原作 韓国KBSドラマ「ごめん、愛してる」(脚本・イ・ギョンヒ)
プロデューサー 清水真由美
演出 石井康晴,水田成英,植田尚
脚本 浅野妙子
音楽 吉俣良
主題歌 宇多田ヒカル「Forevermore」(EPICレコードジャパン)
編成 磯山晶,辻有一
製作 MMJ,TBS



作品の評価:

スポンサードリンク

Leave a comment

Your email address will not be published.


*



スポンサードリンク